『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』「おわりに」を無料公開。

電子書籍

『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』「おわりに」を無料公開。

『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』「おわりに」を無料公開。

前回、『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット ストレス太りをやめて少しだけ健康になってみる。』Kindle本第4弾の出版をお知らせしましたが、今回は、「おわりに 「ダイエットしなくちゃ」をやめてみる」の部分を無料公開したいと思います。

 

肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』は、「ストレス太り」をやめて少しずつ痩せたい、健康になりたいという方には、試しに手に取ってみていただきたい一冊です。

しかしその効果に関しては、科学的に実証されているわけでもありませんので、書かれていることをその通りに実践すれば、「必ず~kg痩せられる」ということをお約束するものではありません。

 

ちなみに私自身、身長は175cmで、数年前はストレス太りのために体重が85kgと肥満気味でしたが、現在は体重が70kg前後を推移しています。

「おわりに」でも述べましたが、実は私自身、これまで本格的に「ダイエット」をしたことがない人間です。

 

食事・運動・瞑想

ではなぜ以前のように太ってはおらず、痩せることに成功したのかといえば、食事に気をつけ、適度に運動をし、精神的なストレスをなるべく感じないように瞑想するなど、日々の生活習慣やライフスタイルを変えたからです。

「ダイエットしなければならない」と考えるのではなく、健康的にやせるための行動を、無理にではなく当たり前のように取れるようになったら、そのことで、少しずつ適正体重に近づいていったのです。

 

そのため『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』は、食事・運動・瞑想といった生活習慣によって少しずつ健康的にやせていくことを目的にしていますので、美容のために短期間でラクして痩せたいという方や、「ダイエット」に関する科学的なエビデンス(根拠)や実証データを重視する方には、あまりオススメできません。

ダイエットや肥満の解消に関心がある方は、その点はご注意していただきたいと思います。

 

以下、「おわりに 「ダイエットしなくちゃ」をやめてみる」で書いたことを、よろしければお読みください。

 

おわりに 「ダイエットしなくちゃ」をやめてみる

本書は、世界的に肥満者が急増しているという人類の課題に対して、「肥満」や「ダイエット」についての自分自身の考えを一冊の電子書籍としてまとめたものです。

 

また2020年から始まったコロナウイルスの流行による、いわゆる「コロナ太り」が、個人的にも社会的にも切実な問題になってきたことが、本書執筆の大きな動機です。

 

実は私自身、これまで本格的に「ダイエット」をしたことがないのですが、ダイエットしないで痩せるためには、あえて「ダイエット」を意識しないことが大切になってくるように思います。

いわゆる「ダイエット」が失敗してしまう最大の落とし穴は、自分はダイエットをすることを本当は強く望んでいないのに、人間関係やメディアといった周囲に影響を受けることによって、何となく漠然と「ダイエットをしなければならない」と思うことだと考えています。

「ダイエットしなければならない」ということが精神的なストレスになっていると、頭では食べたくない、食べるべきではないと思っても、からだや潜在意識はこれまでの習慣として食べることを求めてしまうのです。

しかも、「ダイエットしなければならない」と思っていると、無理にモチベーションを高める必要が生じてくるため、減量することが自分にとっての切実な問題でなければ、どうしても途中で挫折してしまう可能性が出てきます。

 

一方、今よりも健康になることを目的にし、「自分の健康のためにダイエットしたい」と自分が心の底から強く思うことができれば、ダイエットはうまくいくかもしれません。

というのは、「have to(しなければならない)」ではなく、もし本当に、「want to(~したい)」という気持ちがあるのであれば、ダイエットをするためのモチベーションは必要なくなるからです。

つまり、健康的にやせるための行動を、無理にではなく当たり前のように取れるようになり、そのことで、少しずつ適正体重に近づいていくのです。

 

本書で書きたかったことは、すぐに体重を減らすための手段ではなく、「マインドフルネス」を中心とした日々の生活習慣によって、ゆっくりと健康的に気持ちよく痩せていくための方法です。

もし肥満の解消のために、本書の内容が少しでもお役に立てたのであれば、筆者としては大変うれしく思います。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます(^^♪

 

肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット ストレス太りをやめて少しだけ健康になってみる。

肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット ストレス太りをやめて少しだけ健康になってみる。

AmazonKindleで販売中です❕

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 酵素サプリメントの正しい飲み方とは?
  2. ストレス解消&リラックスにオススメ【YouTube自然音動画】第3弾。
  3. トランス脂肪酸が体に悪いのは本当なワケ。
  4. ヘンププロテインは現代人のための貴重なタンパク源。
  5. サラダ油を控えることが糖尿病対策につながる理由とは?

関連記事

  1. ストレス/不安によるコロナ太りの解消には、食べる前のゆっくり呼吸がオススメ。

    呼吸

    ストレス/不安によるコロナ太りの解消には、食べる前のゆっくり呼吸がオススメ。

    以前、Kindle本『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダ…

  2. 8月3日はハチミツの日(2019)。

    ハチミツ

    生ハチミツはダイエットにも効果的。

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法に…

  3. ユーグレナの栄養効果がプチゆるダイエットを成功させるわけ。

    ユーグレナ

    ユーグレナの栄養効果がプチゆるダイエットを成功させるわけ。

    今回はユーグレナの栄養効果がダイエットを成功させるわけについて…

  4. ゆるやかな糖質制限ダイエットで健康的に痩せるには?

    糖質制限ダイエット

    ゆるやかな糖質制限ダイエットで健康的に痩せるには?

    「肥満」や太りすぎであることにお悩みではありませんか?…

  5. 痩せ菌の一種である「アッカーマンシア ムシニフィラ」を増やす

    痩せ菌ダイエット

    「アッカーマンシア ムシニフィラ」という痩せ菌を増やすには?

    今回は痩せ菌の一種である「アッカーマンシア ムシニフィラ」を増…

  6. 運動

    「ウォーキング」は肥満/コロナ太りを解消するために注目の運動。

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法に…

特集記事

  1. 純粋国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然
  2. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく
  3. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  4. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく
  5. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』

オススメ記事

  1. 『毒だらけ 病気の9割はデトックスで防げる!』で毒出し生活。…
  2. 生・純粋ハチミツの腸内環境を改善する効果の実力とは?
  3. 『AI原論 神の支配と人間の自由』の書評・要約 1
  4. 「習慣化」とは、自転車に乗れるようになること。
  5. 【孤独】な時こそ、森林浴×マインドフルネスでセルフケア習慣。…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。

    発酵食品

    発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  2. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ

    断食(ファスティング)

    半日断食(ファスティング)が現代病予防にオススメなわけ。
  3. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。

    酵素

    酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸健康。
  4. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す

    ストレス解消法

    大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す。
  5. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】

    進化

    『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【要約・書評】
PAGE TOP