腸が心の起源なわけ。-『腸脳力』

心とは何か

腸が心の起源なわけ。-『腸脳力』

腸が心の起源なわけ。-『腸脳力』

心と体の ↓ シフトチェンジ

長沼敬憲『心と体を変える “底力” は “腸” にある 腸脳力』

腸脳力(長沼敬憲『心と体を変える “底力” は “腸” にある 腸脳力』p9を参考に作成)

 

今回は腸が心の起源であるワケについて、長沼敬憲氏の『心と体を変える “底力” は “腸” にある 腸脳力』を取りあげながら考えてみたいと思います。

前回の記事では、内臓(おなか)を温めることがうつをやわらげるということについて述べました。

では、なぜ内臓(おなか)を温めることがうつをやわらげることにつながるのかといえば、腸をはじめとした内臓こそが、心の起源だからです。

近年は「腸脳相関」「脳腸相関」といったように、腸は心や脳と深い関係にあるとして、注目されるようになりましたが、そもそも日本人は「腹が立つ」「腹黒い」「腹のうちを探る」など、感情を表現する際に、「腹」という言葉を使ってきました。

 

このことは日本人は昔から己のうちに芽生えた感情を内臓の感覚から読み取っていた証拠であるように思いますが、「心」という、簡単に定義できず、目に見えないものも、「腹」「腸」「内臓」といった存在と無縁ではありません。

しかし近年は、からだをあまり使わず、計算など頭ばかりを使う社会へと変化してきたせいか、だんだん「心」が位置するのも「腹」ではなく「頭」のほうへシフトしてきたように感じます。

 

このあたりのことに関して、『ミトコンドリア“腸”健康法』などの著作もあるサイエンス・ライターの長沼敬憲氏は、『心と体を変える “底力” は “腸” にある 腸脳力』において、

「私たちは腸から生まれた。脳は決して「根源」ではない」

と述べていることは注目に値します。

また、

 

 生物の系統発生から言うと、心臓と肺は魚の呼吸器官である「鰓」に起源を持っているといいます。そして、この鰓は腸から分化したものです。

進化の系統樹をたどっていくと、私たち人間の直接の祖先にあたる初期の脊椎動物は、口から肛門へと続く一本の消化管、つまり腸だけで成り立っていたことがわかります。この段階ではまだ脳はありません。

腸から心臓や肺のような内臓臓器が生まれ、腸壁の神経と体壁の神経が束ねられるようにして脳が生まれたと考えられています。

心臓に心があるというなら、当然、その根源である腸にも心がある、すなわち「腸が心の起源である」ということになってきます。

(長沼敬憲『心と体を変える “底力” は “腸” にある 腸脳力』p129)

 

としています。

 

「腸」をしっかりと健康にすることでこころとからだのバランスを整えていく。

長沼敬憲『心と体を変える “底力” は “腸” にある 腸脳力』

さらに、

  • 「まず自分が生物であること、その生物が腸を母体にして生きていること」
  • 「考えることの母体は脳に、感じることの母体は腸にある」

と述べ、

「考える前にまず感じてみよう。感じたら、そのまま素直に動いてみよう。―こうした生き方にシフトしていくことが、目の前の閉塞感を突き破り、より大きな力を手に入れるきっかけにもなるでしょう」

としているのです。

 

すなわち、心を元気にするために大切なのは、「頭」ばかりではなく、「腸」をしっかりと健康にすることで、土台を安定させ、そのことによって、こころとからだのバランスを整えていくことだと思われるのです。

 

そして、うつの症状を少しでもやわらげていくことに関して言えば、「頭」だけで考えず、「身体感覚」に根差した生き方を目指してみることが、必要になってくるように思います。

 

心を元気にするために大切なのは、「頭」ばかりではなく、「腸」をしっかりと健康にする

そのためには、マインドフルネス瞑想ゆっくりとした運動などをうまく生活に取り入れることが大切になってくるのですが、なかなかやる気が起きないつらい冬場や寒い日などは、暖房器具で心の起源である内臓(おなか)をじっくりと温めるようにするだけでも、気持ちが変わったり、うつの症状はやわらいだりするきっかけになります。

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 『食物養生大全』は食事で現代病を解決していくための一冊。
  2. 腸の健康が運や<幸福感>を引き寄せる理由とは?【腸を元気にする生き方】
  3. 水素水の抗炎症効果と抗アレルギー作用がアンチエイジングに注目なわけとは?
  4. カルディで買える「ナチュロニーカナデイアンハニー」は容器も便利。
  5. マインドフルネス瞑想×森林浴でアトピーのかゆみから距離を置く。

関連記事

  1. 1分間瞑想法

    マインドフルネス

    1分間のマインドフルネス瞑想がうつを遠ざける。

    最近なんだか元気がなくて「うつ」っぽいと感じたら、うつな気分を…

  2. クリスタルボウルの音は「うつ」な気分の時にオススメ。【不眠症対策にも】

    うつ

    クリスタルボウルの音色は「うつ」な気分の時にオススメ。【不眠症対策にも】

    当ブログでは令和の時代のセルフケアについて述べていますが、今回…

  3. エネルギー不足が「うつ」の原因のひとつである理由とは?

    メンタルヘルス

    エネルギー不足が「うつ」の原因のひとつである理由とは?

    毎日仕事や家事、育児などで頑張りすぎたり無理しすぎたりしてはい…

  4. ストレス対策とうつの改善にスロージョギングがオススメなわけ。

    ストレス解消法

    ストレス対策とうつの改善にスロージョギングがオススメなわけ。

    なるべくゆっくり走るスロージョギングをライフスタイルにとりいれ…

  5. 知ってトクする大腸の仕組みと働きとは?

    腸内環境

    知ってトクする大腸の仕組みと働きとは?

    腸内細菌の集まりである腸内フローラのバランスを整えることで、腸…

  6. 大事なのはぐるぐる思考やネガティブ思考に気づき、受けいれること。

    メンタルヘルス

    大事なのはぐるぐる思考やネガティブ思考に気づき、受けいれること。

    日頃から頭でいろいろ悩みすぎて心身ともに疲れきってはいませんか…

特集記事

  1. 【ストレスに負けない!】心の免疫力を高めるには?
  2. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく
  3. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ
  4. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?
  5. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。

オススメ記事

  1. 『ライフスパン 老いなき世界』は「老化」を「病気」と捉えてい…
  2. サプリメントを健康生活に活かすためのトリセツとは?
  3. ココナッツオイル&ギーでスキンケア&乾燥肌対策。
  4. BeeMeのマヌカハニーはハチミツ健康生活にオススメ。
  5. テロメア・ストレス・マインドフルネス。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣

    生活習慣

    アトピーを治すために続けていきたい生活習慣とは?
  2. ストレス・慢性炎症・生活習慣病を防ぐためのセルフケア習慣

    電子書籍

    『森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理』Kindle本加筆修正のお知らせ…
  3. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  4. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す

    ストレス解消法

    大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す。
  5. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
PAGE TOP