腸活に効果的なヨーグルトのとは?

腸に効くヨーグルトの「トリセツ」とは?

腸を良くするためのヨーグルトのトリセツとは?

腸の健康のために、毎日ヨーグルトを食べていますか?

今回は、腸活に効果的なヨーグルトのトリセツ(取り扱い説明書)について述べていきたいと思います。

 

ヨーグルトのトリセツのポイント。

  • 自分のカラダに合うお気に入りのヨーグルトを見つける。
  • 400g200円以上のなるべく質の良いものを選ぶ。
  • 整腸作用があるハチミツやアロエベラ、スーパーフードと混ぜてみる。

 

ヨーグルトは腸内環境を良くするための発酵食品として知られていますが、より効果的に腸内フローラを改善するためには、1日にどのくらいの量を摂れば良いのでしょうか?

「ヨーグルト不老長寿説」を唱えたブルガリアのメチニコフは、ヨーグルトから乳酸菌を摂取する場合、ヨーグルトを1日に300g~500g食べることを推奨したと言われています。

しかし、それだけの量を摂らなくても、毎日200~400g程度食べれば、ヨーグルトは十分、腸内環境を改善し、体調を整えるのに役立ってくれるとされています。

 

ヨーグルトによって腸内環境が改善されていくのを実感するには?

ヨーグルトによって腸内環境が改善されていくのを実感するには?

ただし、ヨーグルトによって腸内環境が改善されていくのを実感するためには、途中で食べるのを止めず、毎日、ある程度の量を食べ続けることが大事だと言われています。

また、腸内細菌学のパイオニアである光岡知足氏は、『腸を鍛える 腸内細菌と腸内フローラ』のなかで、「個々のヨーグルトを比べていくと、重要なのは乳酸菌と腸の相性、つまり「どんな種類の乳酸菌が自分の腸を元気にしてくれるのか?」という点だとわかってきます」としています。

 

さらに「体調の変化がはっきりと感じられないうちは、お通じの状態などをチェックしながら、こうした〝自分と相性のいいヨーグルト〟を見つけるようにしてください。それが、手軽に実践できるヨーグルト健康法の第一歩です」と述べています。

つまり、ヨーグルトのトリセツとして大切になってくるのは、自分のカラダによく合う、お気に入りのヨーグルトを見つけて、毎日、食べ続けていくことなのです。

 

ちなみに、ヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌は、エサになるオリゴ糖によって増殖すると言われているため、食事の際、オリゴ糖食物繊維が豊富に含まれた果物と一緒に食べるのも、腸内細菌のバランスを整えるのに効果的です。

 

ヨーグルトを選ぶ際は質にこだわるのも重要。

ヨーグルトを選ぶ際は質にこだわるのも重要。

しかし、自分のお気に入りのヨーグルトを選ぶことが大切だといっても、コンビニエンスストアやスーパーマーケットで販売されている、大手メーカーの400g・150円前後のものを単体で食べるだけでは、腸内環境が良くなるとは限りません。

このように述べる理由は、私自身、ヨーグルトが代表的な発酵食品であるとはいっても、低価格のヨーグルトをいくら食べたところで、それほど腸内環境が改善されたことを実感できなかったからです。

 

ストレスのない環境で育てられた牛の生乳を使用

そのため、当ブログでは、ヨーグルトに関しては、最低でも400g・200円以上で販売されている、なるべくストレスのない環境で育てられた牛の生乳を使用しているような、高品質なものを選ぶことをオススメしたいです。

さらに、整腸効果を期待するためには、ヨーグルトに整腸作用があるハチミツや、腸内環境を整えるのに定評があるアロエベラの果肉などを混ぜて食べてみるのがイチオシですし、ヨーグルトは、チアシードビーポーレンヘンププロテインといったスーパーフードとの相性も抜群です。

 

ハチミツアロエベラヨーグルト

こちらはヨーグルト+はちみつ+アロエベラの「ハチミツアロエベラヨーグルト」。

 

 

またヨーグルトに関しては、市販のヨーグルトメーカーや種菌などを利用して、手作りしてみることで発酵ライフを楽しむのもオススメです。

 

ヨーグルトメーカー

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

関連記事

  1. ゴジベリー(クコの実)の健康効果がスゴイわけ

    食べ物

    ゴジベリー(クコの実)のスーパーフード効果が注目なわけ。

    健康長寿やアンチエイジング効果が期待できる食材「ゴジベリー(ク…

  2. 腸内環境

    オリゴ糖の効果・効能は善玉菌を増やす。

    今回はオリゴ糖の効果・効能が善玉菌を増やすということについて述…

  3. 体を温める陽性食品で冬の低体温対策

    体温

    体を温める陽性食品で冬の低体温対策。

    当ブログでは令和の時代のヘルスケアについて考えていますが、今回…

  4. ローヤルゼリーの特有成分である「デセン酸」の効果・効能

    ローヤルゼリー

    ローヤルゼリー特有の「デセン酸」の効果効能とは?

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法に…

  5. 玄米リブレフラワー

    健康

    玄米リブレフラワーは一人暮らしの学生さんや中高年の男性にもお勧め。

    今回は玄米リブレフラワーの栄養効果は一人暮らしの学生さんや中高…

  6. 乳酸菌の効果・効能が健康維持に役立つワケ。

    乳酸菌

    乳酸菌の効果・効能が健康維持に役立つワケ。

    今回は乳酸菌の効果・効能が健康維持に役立つ理由について述べてい…

特集記事

  1. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  2. 生活習慣を変えてより健康になる秘訣とは?
  3. 呼吸&マインドフルネス瞑想で根本的なストレス対策。
  4. ストレス・慢性炎症・生活習慣病を防ぐためのセルフケア習慣
  5. 天然・純粋・生蜂蜜が免疫力をアップさせる。

オススメ記事

  1. 「生活習慣」はアトピーを治していくためのキーワード。
  2. うつを治していくための糖質制限とは?
  3. コロナ禍の今こそ『お金2.0』で価値主義に生きる。
  4. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットと…
  5. 「諸行無常」ブッダの教え<無常>とは?【ブッダの智恵で心の苦…

カテゴリー

『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方』Kindle で販売中です😊

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  2. はちみつの効果・効能

    ハチミツ

    知っておきたい【天然・生はちみつの効果・効能】とは?<保存版>
  3. 生き方

    毎日の<実践>で、いつもの「脳」が変わる。【いつもの脳を変える生き方】
  4. ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ

    ミトコンドリア

    ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ(ここをクリック🐝)…
  5. ミトコンドリア

    ミトコンドリアが<免疫力アップ>に関係しているワケとは?
PAGE TOP