1分間瞑想法

マインドフルネス

1分間のマインドフルネス瞑想がうつを遠ざける。

1分間のマインドフルネス瞑想

最近なんだか元気がなくて「うつ」っぽいと感じたら、うつな気分を少しでもやわらげるために、1分間のマインドフルネス瞑想を生活にとりいれてみませんか?

当ブログでは令和の時代のセルフケアについて述べていますが、今回は1分間のマインドフルネス瞑想がうつを遠ざける理由についてです。

 

前回の記事ではうつの改善のために瞑想が効果的な理由について書きました。

しかし、うつの症状をやわらげるために初めて瞑想をしてみても、なかなか集中力が続かない、という方は多いと思います。

また、瞑想を始めても、すぐに頭の中に様々な考えや雑念が浮かんできてしまうということも十分考えられます。

 

ですが、だからといって落胆して瞑想をあきらめてしまう必要はありません。

なぜなら瞑想によってうつを改善していくために大切なのは、瞑想がうまくいくことではなく、心のトレーニングとしての瞑想を行う習慣をもつということだからです。

そのため、なかなか集中力が続かなかったり、すぐに雑念が浮かんで気が散ったりしても、失敗したと思って自分を責めることはないのです。

 

さらに、瞑想を行うことで、無理に幸せになろうとする必要もありません。

瞑想で大切なのは、何と言っても、出来事や物事に対して、自分の見方で判断したり評価したりせず、自分の考えをいったん宙づりにしてあるがままを受け入れること、今起きていることに「気づく」こと、観察することです。

そしてそのことを心のトレーニングとして繰り返し、毎日の生活習慣にしていくことです。

 

『1分間瞑想法』の吉田昌生氏による言及

1分間瞑想法

例えばこのことに関して、ヨガ・瞑想講師の吉田昌生氏は『1分間瞑想法』のなかで以下のように述べています。

 

 瞑想と聞くと、多くの人が「『無』にならなければならない」と思うようですが、必ずしもそうではありません。

マインドフルネスの目的は「気づく」ことです。

「気づき」が連続することで「無」になることはありますが、「無」になることが目的ではありません。雑念が湧いても、それに気づいて、再び集中すればいいのです。

瞑想で大切なことは、次の2つです。

  1. 感覚に集中すること
  2. 集中に途切れたことに気づくこと

(吉田昌生『1分間瞑想法』p54)

 まず注意を向けること、そこから注意がそれたら戻すこと、この繰り返しによって、脳が鍛えられていきます。

このトレーニングを繰り返すことで、脳が普段働いていないところに血液を送り込み、低下していた機能を取り戻すことができます。

だから、雑念が湧いてもいいのです。

雑念が湧いたことに「気づく」ことで、それが「負荷」になって、脳が鍛えられていると捉えてください。

(吉田昌生『1分間瞑想法』p55)

 

そして、この記事では、初めての方にオススメの瞑想法として、吉田昌生氏の『1分間瞑想法』から、「聴覚瞑想」を紹介したいと思います。

 

  1. 注意を音に向ける
  2. 近くの音に耳を澄ます
  3. 遠くの音の音に耳を澄ます
  4. 音と音の間にある静寂にも耳を澄ます

コツは、今この瞬間の音にすべての注意を向けることです。そして、聞こえてくる音を判断せず、快不快に分けたり、分析したりしないで、あるのまま受信してみましょう。

空気の振動のみを感じとり、鼓膜だけでなく、身体全体で音を感じとってみてください。

(吉田昌生『1分間瞑想法』p60~61)

 

 

うつ対策のために日頃から1分間のマインドフルネス瞑想を行うようにしてみる。

うつ対策のために日頃から1分間のマインドフルネス瞑想を行うようにしてみる。

世界は様々な音で溢れ返っていますので、まずは呼吸や音を感じる瞑想を1分間で良いので、続けてみてください。

もし騒音などが不快に感じる場合は、自然のなかに身を置き、小鳥のさえずりや風の音などに対して耳を澄ましてみてください。

自然音には非常に高いリラックス効果とストレス解消効果があります。

 

また、他の記事で述べましたが、近頃は自然の姿を撮影したYouTube動画が充実していますので、外に出られないという方は、そのようなYouTube動画を利用してみるのもオススメです。

 

 

さらに、日常生活のなかのストレスで、イライラしたり、モヤモヤしたり、緊張したりしたら、その度に1分間、自分の呼吸に気づく瞑想を行う習慣をもつことも、ストレス対策や心の健康を保つためにおすすめです。

 

以上、ここまで1分間のマインドフルネス瞑想がうつを遠ざける理由について書いてきましたが、日頃から1分間のマインドフルネス瞑想を行うようにしてみることは、うつ対策のために非常にお勧めです。

もし、1分間が長いと感じる方は、まずは10秒から始めてみるのも良いと思います。

 

なお、詳しいマインドフルネス瞑想の方法についてはこちらの記事をご参照ください。

 

 

うつの予防対策には、食事・運動・瞑想といった生活習慣が大切です。

食事・運動・瞑想

 

当ブログ管理人が書いた『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方 自分を大切にするためのセルフケア習慣』、Amazon Kindleで販売中です(^^♪

食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. マインドフルネス継続のための雑念のトリセツとは?
  2. 『腸科学 健康な人生を支える細菌の育て方』は食物繊維の大切さを学ぶのに最適。
  3. 自然の水音が心地良い自然音動画3選【ストレスやコロナ疲れの解消にオススメ】
  4. 幸福は「なる」のではなくすでに「ある」-『幸福の哲学』
  5. 瞑想での雑念は棚上げすることが大切ー『1日10秒マインドフルネス』

関連記事

  1. 川と水の瞑想記憶。

    瞑想

    川と水の瞑想記憶。

    当ブログでは令和の時代のヘルスケア&セルフケアについて考えてい…

  2. 脳の炎症を抑えるための生活習慣

    「うつ」にも関わる【脳の炎症】を抑えるための生活習慣とは?

    当ブログでは令和の時代のヘルスケア&セルフケアについて考えてい…

  3. スワイショウ×マインドフルネスがうつと運動不足を遠ざける

    エクササイズ

    スワイショウ×マインドフルネスがうつと運動不足を遠ざける。

    スワイショウ×マインドフルネスを心身の健康維持や運動不足解消の…

  4. 贈与と偶有性の瞬間(とき)。

    マインドフルネス

    贈与と偶有性の瞬間(とき)。 

    当ブログではこれからの真のヘルスケアについて述べていますが、今回はスト…

  5. 糖質制限

    うつを治していくための糖質制限とは?

    今回はうつを治していくための糖質制限について述べていきたいと思…

  6. 鼻呼吸の徹底がアトピーを良くする理由とは?

    生活習慣

    鼻呼吸の徹底がアトピーを良くする理由とは?

    今回は鼻呼吸の徹底がアトピーを良くするわけについて述べていきた…

特集記事

  1. 心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック
  2. ヘンプシードの免疫系に作用する働き
  3. 『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』 
  4. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す

オススメ記事

  1. アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。
  2. 私たちと共生している腸内細菌の役割とは?
  3. 「諸法無我」ブッダの教え<無我>とは?【ブッダの智恵で心の苦…
  4. サジーは美容や美肌の実現にオススメなスーパーフード。
  5. ココアやチョコの原料「カカオ」ってそもそも何?【知っておきた…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 本物のマヌカハニーの正しい選び方

    ハチミツ

    本物のマヌカハニーの正しい選び方とは?
  2. 森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理

    電子書籍

    『森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理』 Kindle本出版のお知らせ。…
  3. 『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』 

    電子書籍

    『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』Kindle出版の…
  4. 蜂蜜の栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出す

    ミトコンドリア

    🍯ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ。
  5. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
PAGE TOP