「諸行無常」ブッダの教え<無常>とは?【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

ブッダ/仏教

「諸行無常」ブッダの教え<無常>とは?【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

「諸行無常」ブッダの教え<無常>とは?【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

コロナ禍の日々が苦しいという時こそ、ブッダの智恵で気持ちをラクにする生き方、始めてみませんか? 今回の記事では、心の苦しみを少しでも減らしていくためにブッダの教え「無常」について述べていきたいと思います。

 

前回の記事では「慈悲」について書きましたが、ブッダの重要な教えとしてはほかに「三相」や「三法印」と呼ばれる「無常・苦・無我」があります。

  • 「諸行無常」
  • 「一切皆苦」
  • 「諸法無我」

という言葉のどれかを、これまで一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、この三つは、世界の見方、世界の在り方に関して、ほとんど同じことを言っています。

原始仏典のうちの『ダンマパダ』には、以下の言葉があります。

 

「世のもろもろのことはすべて、無常である」と
叡智によって理解したならば
苦しみはなくなる。
これが清浄に至る道である。

「世のもろもろのことはすべて、苦しみである」と
叡智によって理解したならば
苦しみはなくなる。
これが清浄に至る道である。

「世のもろもろのことはすべて、我ならざるものである」

叡智によって理解したならば
苦しみはなくなる。
これが清浄に至る道である。(二七七・二七八・二七九)

(『日常語訳ダンマパダ ブッダの〈真理の言葉〉』 今枝由郎 訳 127‐128頁)

 

今回は「無常・苦・無我」のうちの「無常」についてです。

 

無常とは何か?

無常とは何か?

「無常」とは物事は常に変化し続けているということであり、分かりやすく言えば、全ては移ろうということです。物質や生命といった現象は、止むことなく常に変化し続けており、常に生じては滅しています。つまり生成消滅を繰り返しているのです。

別の言い方をすれば、「永遠性をもたず、実体を欠き、確実性も真理性もない。すべて有限であり、無限であることはできない」ということです(参考 三枝充悳『インド仏教思想史』)。

 

ちなみに「諸行無常」の「行」とは、「行い」や「行動」のことではなく、「形成されたもの」「条件付けられたもの」などを意味するパーリ語の「サンカーラ」のことです。

私たちは楽しい時間を過ごす時、この幸福な瞬間はいつまでも変わらず、ずっと続いてほしいと願いますが、物事は移ろうため、どんなに楽しい体験もいつかは終わってしまいます。

そのためすべては儚(はか)ないと感じられます。

 

「無常」は常に成り立つ真理

「無常」は常に成り立つ真理

一方、何をやってもうまくいかず、自分の人生は八方塞がりで絶望的だと感じたとしても、つらい状況はずっと続くわけではありません。身体に生じた痛みやかゆみも時間の経過と共におさまります。

たとえ毎日は同じことの繰り返しだと思えたとしても、ほんの少し観察するだけで、昨日と今日は決して同じではないことが分かります。目の前にあるコップやボールペンといったモノの数々も、一見変化していないように感じられますが、原子レベルでは刻々と変化し続けています。

出口が見えないコロナ禍もいつかは終わります。

 

このように「無常」は自分が認めようが認めまいが、そのことに関係なく常に成り立つ「真理」なのです。

もし変化しないことや永遠に執着し、全ては「無常」であることを受け入れられなければ、心は苦しくなります。

 

たとえお気に入りのTシャツや本などを大切に保管していたとしても、時間の経過と共に色あせてしまうからです。自分自身が何かに愛着を持ち、固執し続けたとしても、それらは常に変化しているため、いつもと同じではないのです。

すなわち、永遠不滅のものを求め、変化していることを受け入れられなければ、「無常」は苦しみになるのです。

 

反対に「無常」であることには抗えないと気づき、この世の物事は常に変化していることを観察して理解することができれば、一つの物事に執着したり固執したりすることはなくなります。

常に「世界」を「無常」として眺めるのは簡単ではありませんが、物事は常に変化している、「無常」であるというお釈迦さまの教えを正しく理解するだけで、これまでの「世界」の見方は一変するのです。

 

無常は、仏教の修行者にしか役に立たない教えではありません。完全に無常を知って悟り、解脱にいたらなくても、「存在はすべて無常なのだ」と覚えておくだけで、人生は完全に平穏になり、幸福になるのです。無常はすごく役に立つのです。

(アルボムッレ・スマナサーラ『無常の見方』 160頁)

 

今回は「無常」について述べてみました。

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます(^^♪

 

当ブログ管理人が書いた『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門』

Amazon Kindleで販売中です😊

 


 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 究極の発酵食品<醍醐>とは何か?
  2. ボディスキャンによるマインドフルネスは身体への気づきを深めるのにオススメ。
  3. 【孤独】な時こそ、森林浴×マインドフルネスでセルフケア習慣。
  4. フリーなYouTubeの高品質・自然音動画でどこでも音活&マインドフルネス。
  5. 『ガン、動脈硬化、糖尿病、老化の根本原因  「慢性炎症」を抑えなさい』で現代病予…

関連記事

  1. 「色即是空」とは何を意味するのかー玄侑宗久『現代語訳 般若心経』

    ブッダ/仏教

    「色即是空」とは何を意味するのかー玄侑宗久『現代語訳 般若心経』

    以前、般若心経を感じることが心身のバランスを整えるということに…

  2. 『脳を鍛えてブッダになる52の方法』は第2の矢を受けないための実用的な1冊。

    ブッダ/仏教

    『脳を鍛えてブッダになる52の方法』は第2の矢を受けないための実用的な1冊。

    ブッダの教えの実践で、苦しみの矢を抜くための生き方、始めてみま…

  3. 『なぜ今、仏教なのか』から「自然選択」と「妄想」の関係を考える。

    ブッダ/仏教

    『なぜ今、仏教なのか』から「自然選択」と「妄想」の関係を考える。

    もしコロナ禍でつらい思いをしているのであれば、仏教や瞑想に関心…

  4. なぜ今ブッダの教えが重要なのか?【最初に苦しみの矢を抜く】

    ブッダ/仏教

    なぜ今ブッダの教えが重要なのか?【最初に苦しみの矢を抜く】

    コロナ禍で毎日の生活に生きづらさを感じるという時は、ブッダの智…

  5. ブッダ/仏教

    『いきなりはじめる仏教生活』は生きづらさの解消にオススメの仏教入門。

    いまの時代に「進歩」「成長」「効率」といった言葉を聞くと、どこ…

  6. 心の苦しみの原因<三毒>「瞋(じん)」とは?【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

    ブッダ/仏教

    心の苦しみの原因<三毒>「瞋(じん)」とは?【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

    ブッダの教えでこころをラクにする生き方、始めてみませんか?「ス…

特集記事

  1. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける
  2. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  3. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ
  4. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
  5. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。

オススメ記事

  1. 運命は変えられる?「エピジェネティクス」とは何か。
  2. 毎日のルイボスティー習慣が病気の多くを遠ざけるワケ。
  3. 生・純粋ハチミツの腸内環境を改善する効果の実力とは?
  4. 「諸行無常」ブッダの教え<無常>とは?【ブッダの智恵で心の苦…
  5. 【コロナ禍でもストレスに負けない!】心の免疫力を高める生き方…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. ハチミツ

    【天然・純粋・生ハチミツの正しい選び方】毎日の健康のために知っておきたい。
  2. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣

    生活習慣

    アトピーを治すために続けていきたい生活習慣とは?
  3. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』加筆修正しました。

    電子書籍

    『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』加筆修正しました!
  4. マインドフルネス瞑想のやり方・方法・注意点とは?

    マインドフルネス

    【マインドフルネス瞑想】始めるためのやり方・方法・注意点とは?
  5. アロエベラの効果・効能

    アロエベラ

    アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。
PAGE TOP