トマベチ式『いい習慣が脳を変える』わけとは?

生活習慣

トマベチ式『いい習慣が脳を変える』わけとは?

『いい習慣が脳を変える 健康・仕事・お金・IQ すべて手に入る!』(苫米地英人 著 KADOKAWA)

今回は、『いい習慣が脳を変える 健康・仕事・お金・IQ すべて手に入る!』(苫米地英人 著 KADOKAWA)を取り上げたいと思います。

令和の時代の、健康的で幸福な人生の実現や仕事の成功のためには、日頃の「習慣」というものが非常に大切であるように思います。

そしてその「習慣」を変えるために新しい視点を与えてくれるのは、日本における「コーチング」の第一人者であり、認知科学者としても有名な苫米地英人氏の『いい習慣が脳を変える 健康・仕事・お金・IQ すべて手に入る!』(苫米地英人 著 KADOKAWA)という一冊です。

 

本書『いい習慣が脳を変える』のなかで、苫米地英人氏は、日本語でいう「習慣」には、実は「ハビット」と「アティチュード」があることを指摘しており、日本で「習慣」という時、この二つを混同しているケースが多いといいます。

 

習慣における「ハビット」と「アティチュード」の違いとは?

では、「ハビット」と「アティチュード」の違いは何かといえば、簡単に言うと以下のようになります。

 

  • ハビット・・・「無意識の癖を含む行動性向」。毎朝歯を磨く、顔を洗うなど。
  • アティチュード・・・「物事に対する考え方」。口の中を清潔にしておくのは良い事だ、など。

 

そして、この「ハビット」と「アティチュード」に関して、苫米地英人氏は以下のように述べています。

 

 ハビットとアティチュードに共通しているのは、両方とも脳内にできているパターンだということです。

アティチュードの方は少し抽象的な性質が大きく、ハビットは具体的な行動まで伴っているパターンです。

 

人間の脳内でそれらがどのように働いているのかというと、まずその人の「信念」であるブリーフシステム(Blief System)に基づき、アティチュードが生まれます。次に、そのアティチュードを行動に移します。それが繰り返されるとハビットになっていくのです。

(苫米地英人『いい習慣が脳を変える』p18~19)

 

つまり、日々の習慣(ハビット)を変えるには、「アティチュード」や「信念」である「ブリーフシステム」がより重要になってくるのです。

 

まずブリーフシステムがあり、目の前に起きるなんらかの出来事、判断する状況、そういったものに対して自分が判断を下す、そこでアティチュードが生まれます。

それに基づき実際に行動を起こし、何度も繰り返すようになるとハビットができる。そのハビットは繰り返すことによって、より強い習慣になっていくわけです。

 

習慣というとハビットの部分だけを指すことが多いですが、実際はそのもととなるアティチュードが一番重要なのです。

(苫米地英人『いい習慣が脳を変える』p20~21)

 

 アティチュードとハビットの関係性から、アティチュードに基づいてハビットを変えることができます。つまりアティチュードが変われば、日々の行動習慣としてのハビットを変えることができるのです。

しかし、「アティチュードが変わる」ということは、その人の「信念」であるブリーフシステムが変わるということです。このブリーフシステムを変えることが一番難しいのです。

 

なぜなら、ブリーフシステムが階層性を持っているからです。ブリーフシステムの中では、より上の階層が下の階層を支配しています。上の階層が変化しない限りは、下の階層も変化しません。

階層は、互いに依存関係にあり、階層の上下関係は、しばしば脳の抽象的な思考を妨げるように働きます。

 

それが「煩悩」です。

(苫米地英人『いい習慣が脳を変える』p26~27)

 

 「自分がよければそれでいい」「自分に少しでも利益があることを優先する」、多くの人はそういうブリーフシステムを持っています。抽象度の高い選択をするには、その考えを変えていかなくてはならないのです。変えていくことこそ「いい習慣」で「脳を変える」ということなのです。

(苫米地英人『いい習慣が脳を変える』p27)

 

 

ブリーフシステムを変えることがアティチュードを変える。

ブリーフシステムを変えることがアティチュードを変える。

苫米地英人氏はさらに「ブリーフシステムを変えることがアティチュードを変えることに直結します」と述べ、さらに、

知識を得るということが、ブリーフシステムを変え、アティチュードにも大きな影響を与えるきっかけになる

としています。

 

 ブリーフシステムとは、無意識レベルで行っている行動や自身の信念などを指します。この変化でアティチュードも変化するというわけです。

アティチュードは、新たに得た知識によって、一発で変わってしまうことがあります。それは、やはりブリーフシステムが階層性を持ち、依存性を持つからです。抽象度の高低に関係なく、ブリーフシステムの依存性の根本にあるものに働きかけることができれば、あっけなく他の階層まで変化させることができます。

 

ブリーフシステムは自我のことでもあるので、自分にとって何がより重要かという判断の基準になるものです。自我にとって、それがとても意味を持つ知識であると判断がされれば一瞬にして、ブリーフシステムは変わり、新しいアティチュードが生まれます。

(苫米地英人『いい習慣が脳を変える』p30~31)

 

アティチュードを具体的に変えるには、「知識」を得ることによって自分自身のブリーフシステムに働きかける。

アティチュードを具体的に変えるには、「知識」を得ることによって自分自身のブリーフシステムに働きかける。

以上ここまで、苫米地英人氏の『いい習慣が脳を変える』をご紹介してきましたが、本書を読んで分かってくることは、日頃の習慣を変えるには、まずハビットではなく、アティチュードが重要であることです。

そして、そのアティチュードを具体的に変えるには、「知識」を得ることによって自分自身のブリーフシステムに働きかけることが必要になってくるのです。

すなわち、様々ジャンルの本を大量に読むなど、抽象度の高い選択をすることで、自分のブリーフシステムを変えていくことこそ、「いい習慣」で「脳を変える」ことなのです。

 

このあたりのことは、同じく習慣について述べている『小さな習慣』(スティーヴン・ガイズ 著)とはどこか対称的であるようにも感じますが、抽象度の高い選択をすることは、苫米地英人氏が他の著作や動画などでも述べている、人生のゴールを「コンフォートゾーン」の外に設定することとも、つながってくるように思います。

 

なお、ゴール設定の詳細については次の記事をお読みください。

 

必要なのは大量の知識。大量の知識が思考の抽象度を押し上げ、ブリーフシステムの階層性を、抽象度の高低にそった形に整え、個々人のゴールに適したアティチュードをつくると、それがハビットに影響していくのです。」(『いい習慣が脳を変える』p32)

 

  • ハビット・・・「無意識の癖を含む行動性向」。毎朝歯を磨く、顔を洗うなど。
  • アティチュード・・・「物事に対する考え方」。口の中を清潔にしておくのは良い事だ、など。
  • ブリーフシステム・・・「無意識レベルで行っている行動や自身の信念」。

 

 

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 『テロメア・エフェクト』が健康長寿のために大切なわけとは?【要約・書評】
  2. 『「気づく」とはどういうことか』はマインドフルネスに関心がある方にオススメ。
  3. 苫米地英人『音楽と洗脳』は音と脳の関係を考えるのに画期的。
  4. ミトコンドリアの活性化でアンチエイジング&老化予防。
  5. 『セラピスト』から考える、心の安らぎのあり方。

関連記事

  1. 鶴見隆史『食物養生大全』

    健康

    『食物養生大全』は食事で現代病を解決していくための一冊。

    今回は『食物養生大全 「食」による病気治しの考証』(鶴見隆史 …

  2. ここまでわかった 水素水最新Q&A

    水素

    『ここまでわかった 水素水最新Q&A』で知りたい水素効果のウソ・ホント。

    今回は、『ここまでわかった 水素水最新Q&A』(太田成男 著 …

  3. マインドフルネス瞑想は繰り返し練習することで効果を発揮する。【いつもの脳を変える】

    生き方

    マインドフルネス瞑想は繰り返し練習することで効果を発揮する。【いつもの脳を変える】

    マインドフルネス瞑想を繰り返し練習することで、いつもの脳のパタ…

  4. 生命記憶を探る旅 三木成夫を読み解く

    進化

    『生命記憶を探る旅 三木成夫を読み解く』から進化を考える。

    今回は『生命記憶を探る旅 三木成夫を読み解く』(西原克成 著 …

  5. 『なぜ世界は存在しないのか』の「哲学を新たに考える」を要約。

    哲学

    『なぜ世界は存在しないのか』の「哲学を新たに考える」を要約。

    今回は『なぜ世界は存在しないのか』(マルクス・ガブリエル 著 …

  6. 瞑想での雑念は棚上げすることが大切ー『1日10秒マインドフルネス』

    マインドフルネス

    瞑想での雑念は棚上げすることが大切ー『1日10秒マインドフルネス』

    当ブログでは人生100年時代の真のヘルスケアについて述べていま…

特集記事

  1. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
  2. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  3. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】
  4. 純粋国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然
  5. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』

オススメ記事

  1. 生命と人工知能の違いとは?-『AI原論』3
  2. ヘンププロテインは現代人のための貴重なタンパク源。
  3. 腸内環境の改善がアレルギーを緩和していく理由とは?
  4. 武州養蜂園の花の露キッチンボトルは砂糖代わりに使える蜂蜜。
  5. ココナッツオイルをアトピー改善に役立てるには?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    マインドフルネス

    体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  2. 本物のマヌカハニーの正しい選び方

    ハチミツ

    本物のマヌカハニーの正しい選び方とは?
  3. 『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」とは目的ではなく「結果」だった』

    電子書籍

    『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」と…
  4. 【ストレスに負けない!】心の免疫力を高めるには?

    メンタルヘルス

    【コロナ禍でもストレスに負けない!】心の免疫力を高める生き方とは? 2022年版…
  5. アロエベラの効果・効能

    アロエベラ

    【知っておきたい】アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。
PAGE TOP