【食事・運動・瞑想】で心身のバランスを整えることは<コロナうつ>にも有効。

【食事・運動・瞑想】で心身のバランスを整えることは<コロナうつ>にも有効。

事・運動・瞑想で自分自身を大切にするためのセルフケア習慣を始めてみませんか?

世の中に希望を見出すことができず、「コロナうつ」がつらいと感じたら、食事・運動・瞑想で自分自身を大切にするためのセルフケア習慣を始めてみませんか?

 

以前、『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方 自分を大切にするためのセルフケア習慣』をKindleで出版したことをお知らせしましたが、食事・運動・瞑想で心身のバランスを整えるようにすることは、<コロナうつ>にも有効であるように思います。

 

拙著『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』の後半部では、「うつ」の要因として、ストレスやエネルギー不足、自分を大切に出来ないことを挙げていますが、特に脳ストレスや「ぐるぐる思考」によるエネルギーの消耗、子ども時代の親子関係から生じてくる自己嫌悪は、「うつな気分」の要因として、密接に関係し合っているように思います。

 

かくいう私自身も、メンタルが弱いほうなので、普段からマインドフルネス瞑想を実践していても、<コロナ禍>と呼ばれる状況では、どうしても気分が落ち込んでしまいます。

しかし、<コロナ禍>と呼ばれる状況がつらい時でも、食事・運動・瞑想によって、自分自身を大切にすることはやはり必要であると感じるのです(近ごろやっと気持ちをニュートラルにすることで元気がでてきました)。

 

食事・運動・瞑想

 

☆食事☆

厳密にはうつや脳に良い食事というものはないため、新鮮な野菜や果物、お米、肉や魚、海藻、発酵食品、はちみつなどから栄養素をバランスよく摂るようにすることが大切です。

具体的には、糖類(ブドウ糖+果糖)を中心に、代謝に必要なビタミン、ミネラル、体の組織をつくるためのタンパク質などをバランスよく摂っていくことです(マゴワヤサシイ食事が目安)。

また出来る範囲で少しずつ、加工食品・食品添加物、質の悪い油(トランス脂肪酸など)の摂取を減らすようにすることも必要です。

 

☆運動☆

自分の身体に気づくヨガスロージョギング、ゆっくりスクワットといった適度な運動をバランよく行うことは、神経細胞やBDNF(脳由来神経栄養因子)を増やしたり、認知機能を改善したりすることにつながります。

そのためには自分が始めやすい運動をまず見つけてみることが大切ですが、ポイントはいつもと違う動きをしたり、普段は使わない体の部位を使ってみたりすることです。

 

しかし「うつ」の時ほど運動する気がなかなか起きないため、いきなり毎日頑張ろうせず、まずは「週末だけ1日20分程度のウォーキングをしてみる」「筋トレは3日に1回だけ」など、最初のハードルをなるべく低くしてみてください。

また「うつ」はエネルギー不足が関係しているため、無理に運動をし続けることで疲れすぎないように注意してみてください。

 

適度な運動で気持ちのよい汗を流すことは、自律神経のバランスを整え、不安による心理的ストレスの解消にもつながります。

なお、適度な運動によってもし元気が出てきたら、散歩の延長としての「森林浴」でストレスを解消するのもオススメです。

 

☆瞑想☆

「コロナウイルス」によって生じた問題の多くは、自分ひとりでは解決が難しいものがほとんどです。

たとえばコロナウイルスによって生活が困窮していることの問題を解決するのは、本来、政府や行政の仕事であり、決して「自分のせい」や「自己責任」ではありません。

 

もちろん、自分が今すべきことをきちんと冷静に考えることは必要ですが、頭のなかで勝手に悲観的な未来をつくりだしてしまうような「ぐるぐる思考」や「自動思考」を延々と続けると、脳でエネルギーをかなり消耗してしまいます。

しかし日頃から呼吸に気づくマインドフルネス瞑想の実践によって、過去や未来ではなく、現在(いま)を意識するようにトレーニングすることは、不安によって扁桃体が優位になっている状況に対して前頭前野を介入させることで「うつ」な気分を良くしていくことにつながります。

 

また、いきなり30分の瞑想をしようとすると、すぐに退屈に感じて続けるのが難しくなるため、1分からの「小さな習慣」から始めてみると、3分、5分、10分と長く続けられる可能性が出てきます。

 

もし<コロナうつ>がつらいと感じたら、食事・運動・瞑想によって、自分自身を大切にするためのセルフケア習慣、始めてみてください。

食事・運動・瞑想で心身のバランスを日頃から整えることは、<コロナうつ>にも有効であるように思います。

もし<コロナうつ>がつらいと感じたら、食事・運動・瞑想によって、まずは自分自身を大切にするためのセルフケア習慣を始めてみてください。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

 

当ブログ管理人が書いた『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方 自分を大切にするためのセルフケア習慣』、amazonで販売中です。

食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方 自分を大切にするためのセルフケア習慣

表紙をリニューアル、本文のレイアウトを変更し、かなり読みやすくなりました❕

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

関連記事

  1. 油のことで知っておきたい飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いとは?

    油・オイル

    オイル摂取で知っておきたい飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いとは?

    今回は、脂質・油の摂り方に関する、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違…

  2. 『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』 

    電子書籍

    『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』Kindle出版のお知らせです。

    コロナ禍での生活やマスク社会が何となく息苦しいと感じたり、気分…

  3. 生食と加熱食の割合は6対4が良い理由

    加工食品

    生食と加熱食の割合は6対4が良い理由。

    今回は生食と加熱食の割合は6対4が良い理由についてです。…

  4. ハチミツ

    天然ハチミツがうつの予防対策に役立つわけとは?

    当ブログでは主に、ハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する…

  5. 糖質制限

    うつを治していくための糖質制限とは?

    今回はうつを治していくための糖質制限について述べていきたいと思…

  6. トランス脂肪酸が体に悪いわけ

    食品添加物

    トランス脂肪酸が体に悪いのは本当なワケ。

    今回はトランス脂肪酸が体に悪い理由についてです。最近、…

特集記事

  1. マヌカハニーの効果・効能
  2. 免疫力アップの秘訣は自律神経のバランスを整えること。
  3. 森林浴が慢性的なストレスから解放して心と身体を癒す。
  4. 腸内環境を整えるとは、手段というより日々の習慣の「結果」。【腸を元気にする生き方】
  5. 【ストレスに負けない!】心の免疫力を高めるには?

オススメ記事

  1. 現代に【悟り】は本当に必要なのか?ー『なぜ今、仏教なのか』3…
  2. 心と身体へのアプローチが「うつ」をやわらげる。
  3. ヨーグルトメーカーでの「手作り甘酒」で腸イイ発酵生活【作り方…
  4. 『なぜ世界は存在しないのか』の「哲学を新たに考える」を要約。…
  5. 土を食べろ!?ー『すべての不調をなくしたければ除菌はやめなさ…

カテゴリー

『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方』Kindle で販売中です😊

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方』『ブッダの教えとマインドフルネスで有意義な生き方』合冊版

    電子書籍

    『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方』『ブッダの教えとマインドフルネスで有…
  2. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?

    カカオ

    <神様の食べ物>カカオの効果・効能がメンタルに注目なワケ。
  3. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。

    ハチミツ

    天然はちみつ「マヌカハニー」で免疫力アップ。
  4. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
  5. 『ブッダの教えとマインドフルネスで有意義な生き方 誰もがブッダを目指すための仏教入門』

    ブッダ/仏教

    『ブッダの教えとマインドフルネスで有意義な生き方 誰もがブッダを目指すための仏教…
PAGE TOP