なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

発酵食品

なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

令和のはじまりをきっかけにして、これからの心と体の健康のために、発酵生活を始めてみませんか?

今回は、なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか、ということについて述べていきたいと思います。

以前、発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけについて書きましたが、じつは私自身、心とからだの健康や幸福感の源には、毎日の食事・食べ物が深く関わっていると考え、数年前から、からだや腸、脳に良い食べ物について知るために、酵素栄養学やアーユルヴェーダ、原始人食、ナチュラルハイジーンといった様々な本を読んだり、実際に自分で試したりしてみました。

ですが、食べ物や食事法に関して、医師や栄養士といった専門家の方々が、みなそれぞれ立場によって言っていることが違うことに困惑しつつ、紆余曲折を経て、どんな食べ物であれ、100パーセント体に良い物として語ることは、食べる本人の(好き・嫌いという)嗜好や、食べ物が消費者のもとに届くまでの工程なども関わってくるということもあり、非常に難しいということに気づきました。

 

また、ファストフードなど自分が好きで食べているものに対して、家族や知人に「からだに悪いから食べないほうがいい」と言われたら、つい自分を否定されたみたいに「カチン」ときてしまうことから分かるように、食べ物や「食べる事の意味」は、それぞれ個人のメンタリティや、自分が生きてきた環境、文化なども関わってくるため、心とからだの健康のために何を食べたら良いのかという話題は、一概には言えないほど、じつは大変ナイーブな問題をはらんでいるような気がします。

 

発酵食品が現代の食生活に必要な理由とは?

発酵食品が現代の食生活に必要な理由とは?

しかし、誰にとってもからだに良い食べ物について述べることは出来ないし、そのような万能薬のような食べ物はそもそも無いとしても、ある程度、からだとこころの健康実現のための方向性は示すことができるように思います。

簡単にいえば、からだにとって余計なものを減らしたうえで、必要なものだけをプラスしていくという考え方です。

というのは、現代社会の食生活の問題点としては、まず、加工食品に依存することが挙げられるからです。

すなわち、加工食品に依存することは便利な反面、体に必要な栄養素が不足したり、栄養バランスが崩れてしまったりしますし、さらに、ブドウ糖果糖液、加工でんぷん、乳化剤、保存料といった食品添加物を体内に入れすぎてしまうことも問題だと思われるのです。

 

一方、発酵食品をライフスタイルに採り入れることのメリットとしては、

といったことが挙げられます。

(このあたりの詳しい内容については、発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけの記事を読んでいただきたいと思います。)

 

自分で手作りする発酵生活はこれからの健康のためにオススメ。

自分で手作りする発酵生活はこれからの健康のためにオススメ。

もちろん、毎日何を食べるかということに関しては、人それぞれ自由ですが、日々、発酵食品を食べるようにしてみることは、普段仕事や勉強で忙しいあまり、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで出来合いのものを買って食べることが多い、という方ほど、これからの健康のために良い働きをしてくれるかもしれないのです。

ですが、市販の発酵食品に関しては、菌が保存料によって殺菌されていたり、食品添加物が加えられたりしているというデメリットがあるため、手作りできるものに関しては、自分で作ってみることをオススメします。

 

このことに関して、普段からよく食べる納豆や味噌を自分で手作りするとなると大変ですが、塩麹や漬け物、乳酸キャベツなどは、自宅で意外と簡単に出来ますし、以前の記事でご紹介しましたが、ヨーグルトメーカーを使えば、甘酒ヨーグルトも手軽に作れます。

 

すなわち、発酵生活とは、出来合いの発酵食品をただ食べるだけではなく、自ら発酵という場に身を置き、実践することなのであり、その行為自体が、心やからだ、腸の健康のために効いてくるのです。

 

以上ここまで、なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか、ということについて述べてきましたが、近頃体調があまり優れなかったり、心がイライラやモヤモヤを感じたりするという方、もしくは腸内環境の悪化が原因で、肥満やうつアトピーなどに悩まれている方は、令和の時代の始まりをきっかけにして、これからの健康のために、試しに発酵生活を始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

関連記事

  1. 、ひとさじのハチミツを舐めるベストタイミング

    ハチミツ

    ひとさじのハチミツを舐めるベストタイミングとは?

    ひとさじの天然・生ハチミツはどのようなタイミングで舐めるのがベ…

  2. 糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しかった

    糖尿病

    『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』で糖質制限とでんぷんの問題を考える。

    今回は前回に引き続き、『糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目…

  3. 油・脂質の摂り方でアトピーを治していく

    油の摂り方

    食用油の摂り方はアトピーを治していくためにとっても大切なわけ。

    アトピー改善のために植物油のとり方に気をつけてみませんか?…

  4. 病気にならない生き方

    酵素

    『病気にならない生き方』をこれからの健康のために読み直す。

    今回は『病気にならない生き方』(新谷弘実 著 サンマーク出版)…

  5. 【食事・運動・瞑想】で心身のバランスを整えることは<コロナうつ>にも有効。

    うつ

    【食事・運動・瞑想】で心身のバランスを整えることは、長引くコロナ禍のうつにも有効。

    コロナ禍を経た世の中に希望を見出すことができず、メンタルが不調…

  6. 冬のエネルギー不足による病気を予防するための秘訣

    健康

    冬のエネルギー不足による病気を予防するための秘訣とは?

    今年は暖冬といわれていますが、毎年師走に突入すると、疲れやすく…

特集記事

  1. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】
  2. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?
  3. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。
  4. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  5. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと

オススメ記事

  1. 「うつ」な気分をやわらげていくための食事の3つのポイントとは…
  2. ミトコンドリアが<免疫力アップ>に関係しているワケとは?
  3. なぜ森林浴×マインドフルネスがストレスによる慢性炎症・生活習…
  4. 『出家的人生のすすめ』で毎日を有意義に生きる。
  5. 知っておきたい腸と脳の関係とは?【脳腸相関】

カテゴリー

『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方』Kindle で販売中です😊

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2024 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

 

amazonアソシエイトプログラムに参加しています。当ブログの記事には、訪問者様が製品またはサービスをamazonから購入した場合に、管理人が手数料を受け取ることがあるリンクが含まれています。

  1. お金2.0 新しい経済のルールと生き方

    お金・貨幣論

    「価値主義」でお金の見方をアップデート。『お金2.0』
  2. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

    生活習慣

    腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌活】
  3. 電子書籍

    『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』表紙をリニューアルしました(^…
  4. 生活習慣

    いつもの生活習慣を変えて、今より少しだけ健康になってみるためには❓
  5. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?

    甘酒

    知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
PAGE TOP