当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法について書いていますが、今回は、ビタミンCの役割や効果・効能についてです。

ビタミン

知っておきたいビタミンAの役割・効果効能とは?

知っておきたいビタミンAの役割・効果効能とは?

今回は、ビタミンAの役割や効果・効能についてです。

一般的にビタミンAには、以下のような効果・効能があるとされています。

  • 粘膜や皮膚を健康に保つ効果
  • ガン・生活習慣病を予防する効果
  • 視機能を改善する効果
  • 動脈硬化を予防する効果

 

ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康を保つために重要です。皮膚や消化管などの上皮の機能を守り、ウイルスの侵入を防ぐ働きがあります。また、体の成長を促して細胞の増殖と分化をコントロールします。

体内に摂り入れられたビタミンAは脂質ともに小腸上皮細胞で吸収されると、リンパ管を経て、その約9割が肝臓の貯蔵細胞でレチニルエステルとして存在するようになります。そして、必要に応じて肝臓で合成されるレチノール結合たんぱく質と結合し、目的の組織へ運ばれて行きます。

 

さらにビタミンAは、目の健康にも関係しており、目の網膜で光を感じる物質であるロドプシンを作ることも知られています。

 

ビタミンAは、肉(特にレバー)や魚などの動物性食品に多く含まれていますが、緑黄色野菜などに含まれているβ‐カロテンは、体内で必要に応じてビタミンAに変わります。

このような体内でビタミンAに変わる物質はプロビタミンAと呼ばれています。プロビタミンAは他にα‐カロテンやクリプトキサンチンなどのカロテノイドなどがあります。

ちなみに、βカロテンをはじめとしたカロテノイドには、活性酸素を除去する抗酸化作用があり、心筋梗塞やがんなどの生活習慣病予防に有効だと言われています。

また、ビタミンAは脂溶性ビタミンであるため、油脂と一緒に摂ることで吸収率が高まります。

 

ビタミンA(βーカロテン)を多く含む食材は?

にんじん

ビタミンA(βーカロテン)を多く含む食材としては、鶏レバー、豚レバー、アンコウの肝、うなぎの蒲焼、モロヘイヤ、ほうれん草、かぼちゃ、にんじんなどがあります。

 

ビタミンAの欠乏症には、夜盲症や感染症への抵抗力の低下、皮膚や粘膜の乾燥などがあります。

過剰摂取した場合には脳圧亢進による頭痛や吐き気、嘔吐などが起こることがあるとされています。

慢性的な過剰摂取では、成長の停止、脂肪肝、甲状腺機能の低下などが見られるそうです。

 

以上が、ビタミンAの効果効能・役割についてです。

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

関連記事

  1. 知ってトクするビタミンB2の役割・効果効能とは?

    ビタミン

    知ってトクするビタミンB2の働き・役割とは?

    今回は、ビタミンB₂の働き・役割についてです。一般的に…

  2. 「酵素」は毎日の健康を目指していくために大切

    酵素

    「酵素」は毎日の健康を目指していくために大切な存在。

    当ブログでは人生100年時代のヘルスケアについて述べていますが…

  3. ポリフェノール・ファイトケミカルの効果効能とは?

    ポリフェノール・ファイトケミカル

    知ってトクするポリフェノール・ファイトケミカルの効果・効能とは?

    今回は、ポリフェノール・ファイトケミカルの効果効能についてです…

  4. 知ってトクするビオチンの働き・役割とは?

    ビタミンB群

    知ってトクするビオチンの働き・役割とは?

    今回は、ビオチンの働き・役割についてです。一般的にビオ…

  5. ナトリウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】

    ミネラル

    ナトリウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】

    今回は知っておきたいミネラルの栄養学としてナトリウムの効果と働…

  6. 知らなきゃ損する<にんじん>の栄養効果。

    ビタミンA

    知らなきゃ損する<にんじん>の栄養効果。

    今回は、人参(にんじん)の栄養効果についてです。にんじ…

特集記事

  1. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。
  2. はちみつの効果・効能
  3. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  4. マヌカハニーの効果・効能

オススメ記事

  1. 【知っておきたい】ジャラハニーの効果・効能とは? 2024年…
  2. 「うつ」をやわらげるには腸内環境の改善が必要。
  3. 【孤独】な時こそ、森林浴×マインドフルネスでセルフケア習慣。…
  4. 厳選!便秘の改善にオススメの3つの食品。
  5. 『あなたの脳は変えられる』の【「やめられない! 」から抜け出…

カテゴリー

『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方』Kindle で販売中です😊

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2024 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

 

amazonアソシエイトプログラムに参加しています。当ブログの記事には、訪問者様が製品またはサービスをamazonから購入した場合に、管理人が手数料を受け取ることがあるリンクが含まれています。

  1. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。

    油の摂り方

    ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。
  2. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットの成功の鍵は「ヤセ菌」を増やすこと。
  3. ストレス・慢性炎症・生活習慣病を防ぐためのセルフケア習慣

    電子書籍

    『森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理』Kindle本加筆修正のお知らせ…
  4. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある

    ブッダ/仏教

    般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。…
  5. ミトコンドリア

    ミトコンドリアを元気にする食事とは、代謝が良くなる食事。
PAGE TOP