ブッダの大切な教え<縁起>とは? 【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

ブッダ/仏教

ブッダの大切な教え<縁起>とは? 【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

ブッダの大切な教え<縁起>とは? 【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

コロナ禍の毎日がとても生きづらく感じてしまう。そういう時こそ、ブッダの教えで、こころをラクにする生き方、始めてみませんか?

前回はこころの苦しみを減らしてくためのブッダの重要な教えとして「八正道」「中道」を取り上げましたが、今回は「縁起」についてです。

 

日本ではよく、良いことが起こりそうな様子を見ると「縁起がいい」、不吉な言葉を耳にすると「縁起でもない」と言うことがありますが、吉兆に関するこの「縁起」という言葉自体は仏教から来ています。

仏教のいう「縁起」とは分かりやすくいえば、この世に孤立して存在しているものは何一つなく、物事は相互に関係し合っていることで成立している、ということです。

 

つまり、「すべては相対的であり、相互依存しており、相互に関連しており、何一つとして絶対ではなく、独立していない」ということです(参考 ワールポラ・ラーフラ『ブッダが説いたこと』 岩波文庫)。

なお、「縁起」の別の言い方としては「相互依存的生起」などがあります。

 

「縁起」の別の言い方は「相互依存的生起」

たとえば、コンビニエンスストアで買ってきて毎日何気なく食べているお惣菜にしても、テーブルに並ぶまでに、作物を育ててくれた人、運んでくれた人、調理してくれた人、売ってくれた人、など、様々な人が関わっていることが分かります。

また今ご飯を美味しくいただくことが出来るのは、土台としてお皿やテーブル、おうちがあるからです。

 

日本ではよく「おかげさま」といって感謝の気持ちを表しますが、すなわち「縁起」とは、目の前のお惣菜は「私」がお金を払って買ってきたからあるのだ、といったように一つの原因によって結果が生じているわけではなく、ほかのものとの関係性によって成り立っているということです。

ちなみにこの「縁起」について、『なぜ今、仏教なのか』のなかで著者のロバート・ライト氏は、以下のように述べています。

 

ものごとはほかのものから独立して存在しているように見えるが、実際はほかのものの存在や性質に依存している。これが縁起だ。木々は日光や水を必要とし、日光や水などほかのものとかかわることで変化しつづけている。小川や湖や海は雨を必要とし、雨は小川や湖や海を必要とする。人は空気を必要とし、空気は人が息を吸ったり吐いたりしなければそのような組成になっていない。

いいかえると、どんなものも本来的な存在をそなえてはいないということだ。どんなものも現行の存在の材料をすべて内部に持ってはいない。どんなものもそれ自体では完結しない。それが空の概念につながる。あらゆるものは本来的な独立した存在性を欠いている。

(『なぜ今、仏教なのか 瞑想・マインドフルネス・悟りの科学』 ロバート・ライト 著 熊谷 淳子 訳 早川書房 p246~247)

 

ブッダの「十二縁起」とは?

ブッダの「十二縁起」とは?

ではブッダは「縁起」をどのように説いたのでしょうか?

ブッダは神や宇宙原理といった不変の実体ではなく、「縁起」という「これによってあれがある」という原因と結果の関係によって、世界の成り立ちを考えたのです(参考 立川武蔵『ブッダから、ほとけへ』)。

 

実際にブッダが縁起をどのように説いたのかについては判明していないとされていますが、ブッダの縁起の教えを後に弟子たちがまとめたものに「十二縁起(十二因縁、十二支縁起)」があります。

この「十二縁起」とは、苦しみが生じる因果関係の連なりのことです。

 

無明 ‐ 行 ‐ 識 ‐ 名色 ‐ 六処 ‐ 触 ‐ 受 ‐ 愛 ‐ 取 ‐ 有 ‐ 生 ‐ 老死

 

無明(むみょう)……「根本的な無知・煩悩」

行(ぎょう)……「意思作用」

識(しき)……「判断作用」

名色(みょうしき)……「認識の対象」

六処(ろくしょ)……「認識する器官」

触(そく)……「器官と対象との接触」

受(じゅ)……「感受作用」

愛(あい)……「コントロールできない欲望」

取(しゅ)……「執着のこと」

有(う)……「存在」

生(しょう)……「苦の発生」

老死(ろうし)……「避けられない苦悩」

(参考 釈徹宗『いきなりはじめる仏教生活』)

 

この十二縁起の解釈については様々ですが、仏教学・宗教哲学が専門の竹村牧男氏は、『心とはなにか』のなかで、アビダルマ(ブッダが説いた法を研究したもの)における胎生学的解釈を紹介し、十二縁起について、

 

この十二縁起の説は、たんに無明から老死までの十二の順番の解明よりも、その解明によって究極的な原因が突きとめられたということの方が重要です。私たちの生老病死すべてをもたらす根本の原因は何かを究明して、最終的に無明にたどりついたことが一番の発見なのです。

 

と述べています。

この十二縁起のプロセスを正確に理解するのは難しいため、一つ一つの項目についての解説は省略させていただきますが、ここではまず「避けられない苦悩」の原因には、無明という「根本的な無知・煩悩」があるということを知っておいていただきたいと思います。

 

今回の記事では、心の苦しみを減らすための生き方を始めるために、ブッダの大切な教えのひとつである<縁起>について述べてみました。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます(^^♪

 

当ブログ管理人が書いた『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門』

Amazon Kindleで販売中です😊

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 天然はちみつ「マヌカハニー」で免疫力アップ。
  2. 運命は変えられる?「エピジェネティクス」とは何か。
  3. 森林浴が慢性的なストレスから解放して、心と身体を癒す理由とは?
  4. <ゆっくりヨガ>の生活習慣が、うつ予防と改善に役立つわけ。
  5. ダイエットに効果的!酵素ドリンクでのプチゆる断食。

関連記事

  1. 心の苦しみの原因<三毒>「貪(とん)」とは? 【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

    ブッダ/仏教

    心の苦しみの原因<三毒>「貪(とん)」とは? 【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

    コロナ禍での生活にとても生きづらさや苦しみを感じてしまう。そう…

  2. マインドフルネス瞑想はビジネスのための道具なのか?『光の中のマインドフルネス』

    ブッダ/仏教

    マインドフルネス瞑想はビジネスのための道具なのか?『光の中のマインドフルネス』

    当ブログでは令和の時代の健康と幸福のために、マインドフルネス瞑…

  3. ブッダが説いた心の悩み苦しみ、脳のストレスを減らす方法とは?

    ブッダ/仏教

    ブッダが説いた心の悩み苦しみ、脳のストレスを減らす方法とは?【心の免疫力を高める生き方】

    私たちが普段から悩まされているストレスや心の悩み苦しみを、ブッ…

  4. 『なぜ今、仏教なのか』から「自然選択」と「妄想」の関係を考える。

    ブッダ/仏教

    『なぜ今、仏教なのか』から「自然選択」と「妄想」の関係を考える。

    もしコロナ禍でつらい思いをしているのであれば、仏教や瞑想に関心…

  5. 「諸法無我」ブッダの教え<無我>とは?

    ブッダ/仏教

    「諸法無我」ブッダの教え<無我>とは?【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

    コロナ禍の日々がつらい、苦しいという時こそ、ブッダの智恵で気持…

  6. ブッダ/仏教

    『いきなりはじめる仏教生活』は生きづらさの解消にオススメの仏教入門。

    いまの時代に「進歩」「成長」「効率」といった言葉を聞くと、どこ…

特集記事

  1. 【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。
  2. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  3. 『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアンチエイジング』
  4. マインドフルネス瞑想のやり方・方法・注意点とは?

オススメ記事

  1. 「うつ」をやわらげるには腸内環境の改善が必要。
  2. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
  3. ハチミツヨーグルトが腸内環境を整えるワケ。
  4. 半日断食(ファスティング)が現代病予防にオススメなわけ。
  5. 森林浴×アーシングで、土に触れる生き方・腸活を実践【腸を元気…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】

    進化

    『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【要約・書評】
  2. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?

    マインドフルネス

    これからマインドフルネス瞑想を始めてみる理由とは何か?
  3. ミトコンドリア

    ミトコンドリアが免疫力アップに関係しているワケ。
  4. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』

    ブッダ/仏教

    悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  5. そもそも免疫力とは何か?

    ミトコンドリア

    そもそも免疫力とは何か?【健康のために知っておきたい】
PAGE TOP