マインドフルネス瞑想を長く続けるためのポイントとは?

マインドフルネス

マインドフルネス瞑想を長く続けるためのポイントとは?

マインドフルネス瞑想を続けるためのポイントとは?

マインドフルネス瞑想を毎日続けることは出来ていますか?

当ブログでは令和の時代の健康と幸福について書いていますが、今回はマインドフルネス瞑想を続けるためのポイントについてです。

集中力のアップなど脳のパフォーマンスを向上させるだけではなく、ストレスやイライラ対策、ダイエット、うつや認知症などの予防にも注目されているマインドフルネス瞑想ですが、このマインドフルネス瞑想の効果をからだと心の健康に対して期待するならば、地道に長く続けていくことが大切だと思われます。

そのため、前回の記事ではマインドフルネス瞑想の方法についてご紹介しましたが、今回はマインドフルネス瞑想を続けるためのポイントについてです。

 

実は現在の瞬間瞬間に気づいていくためのトレーニングであるマインドフルネス瞑想は、歩いている間や、ヨガなどのゆっくりとした運動の最中、食事をしている間など、どんなシチュエーションでも応用が可能です。

したがって、マインドフルネス瞑想を長く続けるためのポイントや秘訣とは、生活のなかのありとあらゆる部分に組み入れることだといえます。

 

歩いている間もマインドフルネス。

マインドフルネス瞑想を長く続けるためのポイントや秘訣は生活に組み入れること

例えば、歩いている間に、足裏の感覚に意識を集中させ、地面に右足が着いたら「右、右、右」、左足が着いたら「左、左、左」と実況中継していきます。もしジョギングを行なっているのであれば、足の動きが早いので、右足に地面に着地したら「右」、左足が着いたら「左」と実況中継していきます。

しかし始めたばかりの頃は、気づいたら、誰かにメールを打たなければならないことや、夕食のことなど、様々な雑念が浮かんできてしまいます。その際は、早めに雑念に気づき、「雑念、雑念、雑念」と心の中で唱えて、再び足裏の感覚の実況中継に戻っていきます。

 

また、階段を上る際、足を上げるときに「上げます、上げます、上げます」、下げるときは「下ろします、下ろします、下ろします」といったように実況中継することで、気づきを入れることもできます。

 

 

森林浴はマインドフルネスに最適。

視覚や聴覚などの五感を働かせて、目の前の風景や様々な音、吹いてくる風などを感じてみる

また、ジョギングやサイクリング、森林浴などを行なっている間に、視覚や聴覚などの五感を働かせて、目の前の風景や様々な音、吹いてくる風などを感じてみるのもお勧めです。

 

森林公園のような場所を走っている時に、小鳥のさえずりが聴こえてきたら、「小鳥、小鳥、小鳥」や「さえずり、さえずり、さえずり」などと、サティ(気づきの言葉)を入れて実況中継していきます。

その際、もし気持ちの良い風が吹きつけてくるのを肌に感じたら、「風、風、風」、木々の美しい緑が目に入ってきたら、「緑、緑、緑」など、自分の主観による価値判断を加えず、なるべくシンプルに実況中継していきます。

 

ゆっくりとした運動をしながら身体を観察。

ゆっくりとした運動をしながら身体を観察。

そのほか、ヨガやストレッチ、太極拳などのゆっくりとした運動を行っている際に、からだの様々な部位に起こる変化を感じとってみることも、マインドフルネス瞑想を続けるための秘訣です。

呼吸をしながら、ねじる、のばす、反るなどの動作を行っているあいだに、からだの感覚や変化を微細に感じ取ってみるようにすることは、運動とマインドフルネス瞑想を同時に行えるというメリットがあります。

特にヨガに関しては、ヨガを行うこと自体がある意味、「瞑想」だといえますが、ヨガでなくても、お好きなエクササイズを行っている最中、首や腰、腕や足の関節など、からだの部位に起こる様々な変化を、特定に判断を加えることなく、ただ感じてみてください。

 

そのほか、仰向けになったまま、からだの隅々をゆっくりと観察していく「ボディスキャン」という方法もあります。

 

以上、マインドフルネス瞑想を長く続けるためのポイントについて書いてきましたが、マインドフルネス瞑想は他にも、

  • 三度の食事
  • お部屋の掃除
  • 買い物の際のレジの待ち時間

など、日常の様々なことに応用が可能ですので、ぜひマインドフルネス瞑想を工夫しながら実践し続け、「気づき」の機会を増やすことで、もしマインドフルネス瞑想を始めなかったら気づけなかった多くのことに気づいていってみてください。

 

なお、マインドフルネス瞑想の方法についてはこちらの記事をご参照ください。

 

当ブログ管理人が書いた『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方 情報社会を生き抜くためのセルフケア』 AmazonのKindleストアで販売中です。

『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方 情報社会を生き抜くためのセルフケア』

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. お金をかけずに足を温めてぐっすり眠る冷え対策とは?
  2. 『ひとさじのはちみつ』から伝わる蜂蜜の魅力。
  3. アトピーを治していくためにはミトコンドリアを元気に。
  4. テロメア・ストレス・マインドフルネス。
  5. BeeMeのマヌカハニーはハチミツ健康生活にオススメ。

関連記事

  1. マインドフルネスが自分のこだわりから距離を置くのに役立つわけとは?

    マインドフルネス

    マインドフルネスで自分のこだわりから距離を置く。-『あなたの脳は変えられる』3

    脳は休んでいるつもりでも常に活動し、エネルギーを消費しているこ…

  2. 地橋秀雄『ブッダの瞑想法』はヴィパッサナー瞑想を始めるための一冊。

    ブッダ/仏教

    地橋秀雄『ブッダの瞑想法』はヴィパッサナー瞑想を始めるための一冊。

    今回は、私が瞑想を始めてみる際に手に取った『ブッダの瞑想法 ヴ…

  3. マインドフルネス瞑想はビジネスのための道具なのか?『光の中のマインドフルネス』

    ブッダ/仏教

    マインドフルネス瞑想はビジネスのための道具なのか?『光の中のマインドフルネス』

    当ブログでは令和の時代の健康と幸福のために、マインドフルネス瞑…

  4. 心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック

    ストレス解消法

    『心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック』のストレス解消効果がスゴイ。

    からだに母音を響かせることでリラックスして気持ちよくなったり、…

  5. そもそも「習慣」とは何か?【健康と幸福のために知っておきたい】

    生活習慣

    そもそも「習慣」とは何か?【健康と幸福のために知っておきたい】

    人生100年時代に、真の健康や幸福を実現するための鍵となるのは…

  6. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    マインドフルネス

    呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    令和の時代に、真の健康と幸福を目指していくことについて、当ブロ…

特集記事

  1. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?
  2. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?
  3. 『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』
  4. 呼吸&マインドフルネス瞑想で根本的なストレス対策。

オススメ記事

  1. ルイボスティーでアトピー改善生活。
  2. 1分間のマインドフルネス瞑想がうつを遠ざける。
  3. アーシングはアトピー改善にも効果的。
  4. 『土と内臓 微生物がつくる世界』で土壌をはぐくむように腸内環…
  5. 呼吸によるマインドフルネス瞑想が心身のバランスを整える。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』

    電子書籍

    『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』Kindl…
  2. 免疫力

    腸内環境の改善は免疫力を確実に高める。【腸活が免疫力をアップする理由】
  3. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    マインドフルネス

    体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  4. そもそも免疫力とは何か?

    ミトコンドリア

    そもそも免疫力とは何か?【健康のために知っておきたい】
  5. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。

    酵素

    酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸健康。
PAGE TOP