ミトコンドリア

ミトコンドリアの活性化でアンチエイジング&老化予防。

ミトコンドリアを活性化することがアンチエイジングにつながる

自然な老いを受け容れつつも無駄な老化を防ぐという意味での、「健康的なアンチエイジング」の実現に興味はありませんか?

今回は、ミトコンドリアを活性化することがアンチエイジングと老化予防につながる、ということについて述べていきたいと思います。

 

自然な老いを受け容れつつも、無駄な老化を防ぐという意味での「アンチエイジング」について考えるためには、実は細胞内の「ミトコンドリア」の存在は避けて通ることができません。

その理由は、大ざっぱにいえば、体の老化とはフリーラジカルが与えるミトコンドリアへの影響だと言えるからです。

そのためいつまでも若々しく生きるための<アンチエイジング>を実現するためには、ミトコンドリアを元気にするための活性酸素・フリーラジカル対策が必要不可欠なのです。

 

では、ミトコンドリアとアンチエイジングは具体的にどのように関わっているのでしょうか?

例えば、医学博士の日置正人氏は『ミトコンドリア不老術』のなかで、以下のように述べています。

 

 アンチエイジングとはある意味、生命を維持し続けることですから、生命維持のためにはできる限りエネルギーを獲得し続けなければなりません。自動車ならガス欠でも止まってしまうだけで、まだガソリンを補給すればすぐにでも動くことができます。しかし私たちの細胞は、エネルギーが途絶えるとすぐに死んでしまうのです。

そのためエネルギーが途切れないような仕組みが細胞には備わっています。

それが解糖と呼吸です。私たちはこの2つの異なった方法でエネルギーを獲得しています。なかでも大量のエネルギーを得ることができる呼吸は、エネルギーを獲得し続けるには最適の方法です。そしてこの呼吸をおこなっているところが細胞質にあるミトコンドリアなのです。

(日置正人『ミトコンドリア不老術』p26~27)

 

細胞内のエネルギー製造所「ミトコンドリア」はアンチエイジングを考えるためのポイント。

身体革命 世界最先端のアンチエイジングの法則

また、根来秀行氏の『身体革命 世界最先端のアンチエイジングの法則』のなかでも、

 

  • 「ミトコンドリアとは、人や動物のすべての細胞の中でエネルギーを作り出す、とても重要な細胞内小器官です。いってみれば、細胞内のエネルギー製造所です」
  • 「ミトコンドリアは各細胞の中に数百個存在します。このミトコンドリアが老化、アンチエイジングを考えるにあたって、とても大切なポイントになります」

 

と簡潔に述べられています。

 

さらに、根来秀行氏が以下のようにも述べていることは、アンチエイジングや老化の予防を考えるうえで、非常に参考になります。

 

 ミトコンドリアは私たちが呼吸で吸った酸素を、食べ物から取り出された水素と反応させて、その際に発生するエネルギーを使って、ATP(アデノシン三リン酸)という物質を合成します。ATPは私たちの体のエネルギー通貨のようなもので、私たちが運動して筋肉を使う時、体の神経細胞が興奮する時、内臓で代謝を行う時などにエネルギーとして消費されます。ただし、ATPはお金のように細胞内に貯めておくことはできません。そこで、ミトコンドリアは常にATPの必要量に応じ、水素や酸素の反応速度を調節してエネルギーとなるATPを産生します。

(根来秀行『身体革命 世界最先端のアンチエイジングの法則』p27~28)

 

一方で、このミトコンドリアからは自然の営みの中で、活性酸素、つまりフリーラジカルが発生します。このフリーラジカルは、何とミトコンドリア自身をも攻撃してしまうのです。年を重ねると、ミトコンドリアから産生されるフリーラジカルが増加し、そのフリーラジカルは同じ細胞だけでなく、周辺の細胞へと行きわたり、細胞機能全体に悪影響を及ぼすことになります。まさに悪循環です。

そして、ついに耐え切れなくなった細胞は死んでしまい、脱落してしまいます。こうして徐々に細胞が脱落することが老化の原因となるのです。

(根来秀行『身体革命 世界最先端のアンチエイジングの法則』p28~29)

 

ミトコンドリアはアンチエイジングの実現のために必要不可欠。

ミトコンドリアはアンチエイジングの実現のために必要不可欠。

そして、根来秀行氏は『身体革命 世界最先端のアンチエイジングの法則』において、

 

「過度な運動を続けたり、過食を続けたりすることは、大量のエネルギーを必要とするため、ミトコンドリアをフルに稼働させることになってしまいます。その分、同時に大量のフリーラジカルも産生され、体を老化させる方向に向かわせてしまうわけです。運動のし過ぎは体に悪いとか、食事は腹八分目が体には良い、といわれるのはこのためなのです」

 

としています。

 

つまり、余計な体の老化を防ぎ、いつまでも健康で元気に長生きするという意味での本当の「アンチエイジング」を実現するためには、心理的なストレスや過食、運動のしすぎなどによって大量の活性酸素・フリーラジカルが産生されるのを避け、細胞内のミトコンドリアを大切にしたり元気にしたりするような生活習慣が大切になってくるのです。

 

しかし活性酸素やフリーラジカルを大量に発生させてしまうという理由から運動をほとんど行わなければ、このこともまた老化を加速させてしまいますので、ミトコンドリアを増やしてアンチエイジングを実現するためには、無理をしない程度の適度な運動を習慣として実践することが必要になります。

 

私たちの体は、エネルギーを溜めておくことができません。必要に応じて、その都度つくっています。

ですから、いつでもたくさんエネルギーをつくれる健康な体でいるためには、コンスタントに運動して、「これくらいのエネルギーがいつも必要です」と、体にオーダーをかけることが必要なのです。

疲れるから、体力がないからと、体を休めてばかりいると、ミトコンドリアが極端に減り、エネルギーのつくれない「老いた体」になってしまいます。

そうすると「老いと不健康の悪循環」に陥ります。

(中略)

しかし、ミトコンドリアの量と質を高める生活を意識しさえすれば、潤沢なエネルギーが体に生まれ、老化を防止するだけでなく、代謝も活発になり、体の機能は向上します。また、肌も若くきれいな状態になるなど、まさに「若さと健康のいい循環」を生むのです。

(太田成男『体が若くなる技術』 p38~40)

 

今回はミトコンドリアの活性化がアンチエイジング&老化予防につながるということについて述べてみました。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます(^^♪

 

はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方

当ブログ管理人が書いた『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』 Amazon Kindleで販売中です❕

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 『アルツハイマー病は「脳の糖尿病」』である理由とは?
  2. 三木成夫『内臓とこころ』から<心>とは何かを考える。
  3. ジャングルハニーは腸内環境を整えるのに効果的。
  4. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  5. 長寿遺伝子を働かせるための効果的な方法とは?‐『ライフスパン 老いなき世界』2

関連記事

  1. そもそも免疫力とは何か?

    ミトコンドリア

    そもそも免疫力とは何か?【健康のために知っておきたい】

    秋から冬、春の季節にかけて、「免疫力を高める」「免疫力を上げる…

  2. ミトコンドリア

    適度な糖質制限はミトコンドリアによるアンチエイジングに効果的。

    当ブログではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、…

  3. ミトコンドリア

    活性酸素・フリーラジカルはミトコンドリアの元気を奪う原因。

    今回は、活性酸素・フリーラジカルがミトコンドリアの元気を奪って…

  4. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?

    ミトコンドリア

    ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?

    ヘルシーなココナッツオイルを毎日の食生活にとりいれてみませんか…

  5. ミトコンドリア

    「活性酸素」がミトコンドリアの機能を低下させる。

    今回は、「活性酸素」がミトコンドリアの機能…

  6. 水素水の抗炎症効果と抗アレルギー作用が注目なわけとは?

    慢性炎症

    水素水の抗炎症効果と抗アレルギー作用がアンチエイジングに注目なわけとは?

    今回は、水素分子(H₂)と水素水の炎症を防ぐ抗炎症効果と抗アレ…

特集記事

  1. 『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアンチエイジング』
  2. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?
  3. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ
  4. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく
  5. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】

オススメ記事

  1. 「うつ」な気分の改善には<いま>に気づく瞑想が効果的。
  2. 【歩く瞑想】ウォーキング・マインドフルネスで現在(いま)と身…
  3. 純粋・生の国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然で…
  4. ストレス・寒暖差で自律神経が乱れたら生ローヤルゼリー。
  5. 乾燥肌対策はマヌカハニーの保湿力と整菌効果で。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』

    電子書籍

    『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』増補・改訂しました(^^♪
  2. ATPはミトコンドリアによるエネルギー通貨。

    ミトコンドリア

    生命を支える「ATP」はミトコンドリアによるエネルギー通貨。
  3. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

    うつ

    <食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは?
  4. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  5. 免疫力

    腸内環境の改善は免疫力を確実に高める。【腸活が免疫力をアップする理由】
PAGE TOP