『ライフスパン 老いなき世界』は「老化」を「病気」と捉えている。【要約・読書感想文】

健康

『ライフスパン 老いなき世界』は「老化」を「病気」と捉えている。【要約・読書感想文】

不老長寿についての話題の本、『LIFESPAN ライフスパン 老いなき世界』

不老長寿についての話題の本、『LIFESPAN ライフスパン 老いなき世界』はもうお読みになりましたか?

今回は人生100年時代の健康長寿・アクティブエイジングについて考えるために、不老長寿について書かれている話題の本、デビッド・シンクレア /マシュー・D・ラプラント『LIFESPAN ライフスパン 老いなき世界』を、要約を兼ねつつ取り上げたいと思います。

 

この本は、「老化」を「病気」と捉えている点で、非常に画期的であるように思います。

 

老化の原因と若返りの方法について研究している科学者のデビッド・シンクレア氏は、『ライフスパン LIFESPAN 老いなき世界』( 梶山あゆみ 訳東洋経済新報社)のなかで、

老化は身体の衰えをもたらす。
老化は生活の質を制限する。
老化は特定の病的異常を伴う。

といったように、「老化」を「病気」と捉えています。

 

そして「これだけの特長をすべて備えているのだから、1個の病気と呼ぶための基準に残らず合致しているかに思える」としています。

しかしながら、「影響を受ける人の数が多すぎ」、「一般的な病気の定義から外れているために、老化は私たちが築いてきたシステムに組み込みにくい」のだといいます。

 

 老化は1個の病気である。私はそう確信している。その病気は治療可能であり、私たちが生きているあいだに治せるようになると信じている。そうなれば、人間の健康に対する私たちの見方は根底からくつがえるだろう。(デビッド・A・シンクレア『ライフスパン LIFESPAN 老いなき世界』 梶山あゆみ 訳 160頁)

 老化を病気と呼ぶのは、健康や幸福に関する一般的な見方から大きく逸脱することを意味する。それは私も認める。これまでは旧来の見方を根本に据えて、致死性の疾患に対する様々な治療法が確立されてきた。しかし、そもそもそんな枠組みになったのは、老化の原因が突き止められていなかったからという理由が大きい。だからつい最近になるまで、私たちの武器は「老化の典型的特徴」を並べたリストがせいぜいだった。「老化の情報理論」ならこの状況を変えることができる。(同 164頁)

 

またデビッド・シンクレア氏は、「老化も、老化に伴う病気も、老化の「典型的特徴」が組み合わさった結果である」として、以下の特徴を挙げています。

 

・DNAの損傷によってゲノムが不安定になる
・染色体の末端を保護するテロメア(特徴的な反復配列をもつDNAとタンパク質からなる複合体)が短くなる
・遺伝子スイッチのオンオフを調節するエピゲノム(後出)が変化する
・タンパク質の正常な働き(これを恒常性という)が失われる
・代謝の変化によって、栄養状態の感知メカニズムがうまく調節できなくなる
・ミトコンドリアの機能が衰える
・ゾンビのような老化細胞が蓄積して健康な細胞に炎症を起こす
・幹細胞使い尽くされる
・細胞間情報伝達が異常をきたして炎症性分子がつくられる

(デビッド・A・シンクレア『ライフスパン LIFESPAN 老いなき世界』 梶山あゆみ 訳 61頁)

 

これらは健康長寿・アンチエイジングについての書籍などで、今まで老化の要因であるといわれてきたものです。

しかしデビッド・シンクレア氏が提唱する「老化の情報理論」で説明するならば、「一見ばらばらに思える老化の要因が矛盾なく並び立ち、1個の普遍的な生死モデルへと統合される」といいます。

 

若さ→DNAの損傷→ゲノムの不安定化→DNAの巻きつきと遺伝子調節(つまりエピゲノム)の混乱→細胞のアイデンティティの喪失→細胞の老化→病気→死

(同 99頁)

 

『ライフスパン』の著者がいう「老化の情報理論」とは何か?

『ライフスパン』の著者がいう「老化の情報理論」とは何か?

では、『ライフスパン』の著者がいう「老化の情報理論」とは一体何なのでしょうか?

「老化の情報理論」によると、「私たちが年をとって病気にかかりやすくなるのは、若くいるための情報を細胞が失うからだ」とデビッド・シンクレア氏は『ライフスパン』のなかで述べています。

そして、「ごく単純にいえば、老化とは情報の喪失にほかならない」としています。

 

ちなみに「老化の情報理論」をデビッド・シンクレア氏は1990年代のDVDプレーヤーで例えています。

「DNAは堅牢なデジタル式で情報を保存している」のですが、「エピゲノムはアナログ式であるために「雑音」が入りやすい」のです。

つまり、「情報はデジタルだが、情報をあちこち読みに行くリーダーはアナログ」なのであり、「ディスクに傷が増えすぎると、もはや情報が正確に読み取れなくなる。それが老化」であるというのです。

 

「老化の情報理論」によれば、私たちが年をとって病気にかかりやすくなるのは、若くいるための情報を細胞が失うからだ。DNAは堅牢なデジタル式で情報を保存しているが、エピゲノムはアナログ式であるために「雑音」が入りやすい。1990年代のDVDプレーヤーでたとえるとわかりやすい。情報はデジタルだが、情報をあちこち読みに行くリーダーはアナログだ。ディスクに傷が増えすぎると、もはや情報が正確に読み取れなくなる。それが老化だ。

(同 274頁)

 

ちなみに「エピゲノム」とは、「親から子へと受け継がれる特徴のうち、DNAの文字配列そのものが関わっていないものを指す」アナログ情報の総称です。

また、「DNAによらないこうした遺伝の仕組み」は、「エピジェネティクス」と呼ばれています。

 

 DNAはデジタル方式なので、情報の保存やコピーを確実に行うことができる。途方もない正確さで情報を繰り返し複製できる点においては、コンピューターメモリやDVD上のデジタル情報と基本的に変わらない。(中略)

だが、体内にはもう1種類の情報が存在する。こちらはアナログ情報だ。(中略)

今日、このアナログ情報は「エピゲノム」と総称されるのが一般的である。これは、親から子へと受け継がれる特徴のうち、DNAの文字配列そのものが関わっていないものを指す。DNAによらないこうした遺伝の仕組みを「エピジェネティクス」と呼ぶ。

(同 66頁)

 

「老化とは情報の喪失にほかならない」と『ライフスパン』の著者は言いますが、その「情報」とは、エピゲノム情報のことなのです。

 

見つからない「老化遺伝子」

『ライフスパン』

さらに、デビッド・シンクレア氏は『ライフスパン』のなかで、「たとえ遺伝暗号がすべて解読できたとしても、私たちはけっして見つけられないものが1つある」として、「老化遺伝子」を挙げています。

「老化の症状に影響する遺伝子ならすでに見つかっている。また、老化を防ぐシステムを制御する長寿遺伝子も突き止められている」のですが、老化遺伝子が見つからない理由は「私たちの遺伝子が老化を引き起こすために進化を遂げたのではないからである」といいます。

 

反対に、長寿遺伝子は地球上のあらゆる生物に見つかるといいます。

 

 私たちのDNAは絶えず攻撃にさらされている。平均すると、細胞が自らのDNAを複製するたびに、46本ある染色体のそれぞれが何らかのかたちで損傷する。これが積もり積もれば、1日に2兆回あまりDNAを傷つけていることになる。おまけにこれは複製の最中に起きる損傷だけだ。このほか、自然放射線や環境中の化学物質、レントゲンやCTスキャンなどによってもDNAはダメージを受ける。

DNAを修復する仕組みが体内に備わっていなかったら、とうてい長くは生きられない。だからこそ遠い昔に、あらゆる生物の祖先となる原初の生命が仕組その仕組みを進化させた。つまり、DNAの損傷を感知し、細胞の増殖を遅らせ、DNAの損傷が治るまではその修復にエネルギーを振り向ける仕組みである。私が「サバイバル回路」と呼ぶものだ。

(同 104頁)

地球上のあらゆる生命にほぼ同じ長寿遺伝子が見つかるというのは、驚くべきことである。樹木も酵母も、線虫もクジラも、そして人間もだ。現存するすべての生き物の系統を遡れば、原初の地球に存在した同一の生命に行き着く。顕微鏡を覗けばわかるように、私たちはどれも同じ物質でできている。同じサバイバル回路を共有し、その防御ネットワークが細胞を守って、厳しい時期にも私たちを助けてくれている。しかし、このネットワークはマイナスにも働く。DNAが損傷するような深刻なダメージは避けがたいものであるため、サバイバル回路が酷使され、細胞のアイデンティティを変えてしまうのだ。私たちはエピゲノムの雑音から逃れることができず、それが老化の原因となる。「老化の情報理論」で行けばそういうことになる。

(同 124‐125頁)

 

そして長寿遺伝子としてよく知られているのが「サーチュイン」であり、このサーチュインは、DNAの修復に関わっています。

 

 サーチュインはエピジェネティクス的な調節機能においてきわめて重要な役割を担っている。細胞を制御するシステムの最上流に位置して、私たちの生殖とDNA修復を調節しているのだ。酵母の体内に初めて現れてからおよそ10億年が経過するうちに、サーチュインは私たちの健康や体力、そして生存そのものを司るように進化してきた。

(同 72頁)

 

ちなみに長寿遺伝子を働かせるには、「原初のサバイバル回路を始動させることが肝心」であるとしていますが、このあたりのことは次の記事で述べています。

 

今回は、不老長寿についての話題の本、デビッド・シンクレア /マシュー・D・ラプラント『LIFESPAN ライフスパン 老いなき世界』(梶山あゆみ 訳 東洋経済新報社)を取り上げました。

 

 

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます(^^♪

『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアンチエイジング』 塩川水秋 著

AmazonKindleで販売中です😊

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. ジャングルハニーは腸内環境を整えるのに効果的。
  2. ココナッツオイルをアトピー改善に役立てるには?
  3. 腸に効くヨーグルトの「トリセツ」とは?
  4. 太古からの栄養源「スピルリナ」の効果・効能とは?
  5. プチゆる断食には酵素ドリンクがオススメなわけ。

関連記事

  1. 9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方

    アトピー

    『9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方』から考える脱ステロイド。

    今回は『9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方』という本を…

  2. 21世紀の健康は<バランス>が大切なわけ

    生活習慣

    21世紀・令和の健康実現は<バランス>が大切。

    今回は21世紀・令和の時代の健康実現には、<バランス>もしくは…

  3. 人生の本当の意味と目的とはー『人生に意味はあるか』

    精神分析・心理

    人生の本当の意味と目的とはー『人生に意味はあるか』

    今回は、『人生に意味はあるか』(諸富祥彦 著 講談社現代新書)…

  4. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    マインドフルネス

    呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    令和の時代に、真の健康と幸福を目指していくことについて、当ブロ…

  5. 幸福への第一歩は他人からの評価(いいね!とか)を気にしないこと。

    哲学

    幸福への第一歩は他人からの評価を気にしないこと。

    今回は前回に引き続き、『幸福の哲学 アドラー×古代ギリシアの智…

  6. ミトコンドリア

    生命活動とは新陳代謝ー『免疫力を高める生活』2

    当ブログでは主に、ハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギ…

特集記事

  1. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?
  2. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
  3. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。
  4. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣
  5. 『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』

オススメ記事

  1. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  2. 小さな習慣に「モチベーションはいらない」わけとは?-『小さな…
  3. いのちの働きを感じることがうつを解消していく。
  4. 人気の乳酸菌が16種類・500億個の<乳酸菌革命>とは?
  5. 「うつ」にも関わる【脳の炎症】を抑えるための生活習慣とは?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
  2. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある

    ブッダ/仏教

    般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。…
  3. マヌカハニーの効果・効能

    ハチミツ

    知っておきたいマヌカハニーの効果・効能とは?
  4. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣

    生活習慣

    アトピーを治すために続けていきたい生活習慣とは?
  5. 本物のマヌカハニーの正しい選び方

    ハチミツ

    本物のマヌカハニーの正しい選び方とは?
PAGE TOP