こまめな日光浴はエネルギー不足の解消に効果的。【冬のうつ対策】

日光浴

こまめな日光浴はエネルギー不足の解消に効果的。【冬のうつ対策】

エネルギー不足を補うためには、普段からこまめな日光浴を行うのが効果的

日頃から心身の健康のために日光を十分に浴びる習慣はお持ちでしょうか?

今回は、エネルギー不足を補うためには、普段からこまめな日光浴を行うのが効果的であるということについてです。

 

秋から冬、そして春にかけての寒い季節は、気持ちが落ち込みがちになることも多いですが、特に「うつ」な気分の時は、何のやる気も起きず、屋内にこもりがちになってしまいます。

しかしそういう時こそ思い切って外に出て、エネルギーを充填(じゅうてん)するつもりで、わたしたち生命の源である太陽の光をしばらく浴びてみるのがオススメです。

なぜなら、細胞内のミトコンドリアがエネルギー通貨である「ATP」を作り出し、細胞の新陳代謝が促されるからです。

 

また、最低30分を目安に、日光を直接皮膚に浴びせれば、体がビタミンDを作り出してくれますし、さらにセロトニンや睡眠を促すホルモンである「メラトニン」が作られることにもつながるため、なんとなくやる気が出なかったり、夜ぐっすりと眠れなかったりする場合は、太陽が出ている午前中の時間帯にしっかりと日光浴を行うことが大切です。

太陽からエネルギーをもらうことで、体がぽかぽかと温まれば身体は元気になっていき、気分もポジティブな方向へ変化していきます。

しかも、からだが冷えていると気分もネガティブになりやすいですが、しばらく太陽からエネルギーをもらうことで、体がぽかぽかと温まれば身体は元気になっていき、気分も良くなってポジティブな方向へ変化していきます。

 

特に冬は、日照時間が短く、ただでさえエネルギー不足に陥りやすいので、朝や昼の間、もし快晴で太陽の日差しが地上に降り注いでいたら、太陽光からエネルギーをチャージするつもりで、積極的に日光浴を行ってみるのがオススメです。

そのほか、「エネルギー不足」を防ぐという意味では、何事も頑張りすぎず、無理し過ぎず、疲れたら仰向けになって骨休めすることも大切です。

 

今回は、エネルギー不足を補うためには、普段からこまめな日光浴を行うのが効果的であるということについて述べてみましたが、近頃気分が落ち込み、なかなか元気が出ない場合は、午前中の時間帯などに、30分から1時間程度を目安に、太陽の光を浴びてみてはいかがでしょうか?

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます😊

 

うつの予防対策には、食事・運動・瞑想といった生活習慣が大切です。

食事・運動・瞑想

 

当ブログ管理人が書いた『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方 自分を大切にするためのセルフケア習慣』、Amazon Kindleで販売中です(^^♪

食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方 自分を大切にするためのセルフケア習慣

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 知っておきたい!そもそもスーパーフード(Super Food)とは?
  2. 完璧を目指さないデトックスでアトピー改善。
  3. クリスタルボウルの音色はメンタルの安定や睡眠、マインドフルネスにオススメなワケ。…
  4. 『脳にはバグがひそんでる』 完璧ではない脳を理解するために必読。
  5. 蜂蜜は果糖もスゴかった🍯『自然治癒はハチミツから ハニー・フルクトースの実力』

関連記事

  1. 心と身体へのアプローチがうつをやわらげる。

    うつ

    心と身体へのアプローチが「うつ」をやわらげる。

    今回は心と身体へのアプローチがうつをやわらげるということについ…

  2. 脳ストレスで元気が出ない時は「自然音」で気分をリフレッシュ。

    ストレス解消法

    脳ストレスで元気が出ない時は「自然音」で気分をリフレッシュ。

    頭の使いすぎや考えすぎによって脳に疲労が溜まっている時は、自然…

  3. エネルギー不足が「うつ」の原因のひとつである理由とは?

    メンタルヘルス

    エネルギー不足が「うつ」の原因のひとつである理由とは?

    毎日仕事や家事、育児などで頑張りすぎたり無理しすぎたりしてはい…

  4. 自然にふれること、感じることがうつをやわらげる

    マインドフルネス

    自然にふれること、感じることが「うつ」をやわらげる

    うつな気分を良くするために、自然を感じる時間を増やしてみません…

  5. 「うつ」な気分の改善には<いま>に気づく瞑想が効果的。

    うつ

    「うつ」な気分の改善には<いま>に気づく瞑想が効果的。

    メンタルが落ち込む季節の変わり目のこの時期、不安などネガティブ…

  6. ストレス対策とうつの改善にスロージョギングがオススメなわけ。

    ストレス解消法

    ストレス対策とうつの改善にスロージョギングがオススメなわけ。

    なるべくゆっくり走るスロージョギングをライフスタイルにとりいれ…

特集記事

  1. 知腸内環境の改善が免疫力を高める
  2. ストレス・慢性炎症・生活習慣病を防ぐためのセルフケア習慣
  3. 【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。
  4. 『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」とは目的ではなく「結果」だった』
  5. 【ストレスに負けない!】心の免疫力を高めるには?

オススメ記事

  1. マインドフルネス瞑想をアトピー改善に役立てるには?
  2. マインドフルネスでやめられない習慣が断ち切れるワケー『あなた…
  3. 生ローヤルゼリーの健康効果が心と体にオススメなわけ。
  4. 酵素ドリンクの効果・効能が腸内環境を整える。
  5. RTRoomのルイボスティーは高品質でおすすめ。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

    ビーポーレン

    ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?
  2. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。

    酵素

    酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸健康。
  3. 『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアンチエイジング』

    電子書籍

    『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアン…
  4. 『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」とは目的ではなく「結果」だった』

    電子書籍

    『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」と…
  5. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?

    マインドフルネス

    これからマインドフルネス瞑想を始めてみる理由とは何か?【2022年版】
PAGE TOP