299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

サジー(シーバックソーン)

299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果とは?

サジー(沙棘・サージ・シーバックソーン)の健康効果

サジーの優れた栄養効果を健康維持のために日々の食生活にとりいてみませんか?

今回は、299種類もの栄養が含まれているとされるサジー(シーベリー・シーバックソーン)の健康効果についてです。

 

サジー(沙棘)とは、シーベリーやシーバックソーンとも呼ばれる、中国北部から欧州にかけて分布するグミ科ヒッポファエ属の棘のある木のことで、果実は種類によって黄色、オレンジ色、赤色をしています。

そしてこのサジー(シーベリー・サージ・シーバックソーン)の果実には、ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸、不飽和脂肪酸、ポリフェノール、SOD酵素、有機酸、植物ステロール、食物繊維など、200種類以上もの栄養素が含まれているとされています。

 

そのためサジーは<スーパーフード>と呼ぶべき食材なのですが、特にビタミン類ではビタミンB群やビタミンC、ビタミンEなどが豊富に含まれ、しかも、体内でビタミンAに変わるβ‐カロテンも多く含まれています。

なかでも注目なのはビタミンCの含有量で、サジーには100gあたり300~1000mgものビタミンCが含まれているとされています。

ビタミンCは細胞の老化を防ぐ抗酸化作用があることが知られていますが、ストレスを感じる度に体内のビタミンCは目減りするといわれていますので、ストレスを感じることが多い方は、こまめなビタミンCの補給が必要になってきます。

また、皮膚の健康や美肌の実現のためにも、ビタミンCは必要になってきます。

 

さらにサジー(シーベリー・シーバックソーン)には、必須アミノ酸をはじめとするアミノ酸やフラボノイドなど抗酸化作用があるポリフェノールなども含まれているため、サジーはアンチエイジングなどにも効果的な食材だといえます。

 

栄養豊富なサジーで健康生活。

299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

それに加えて、サジーには果物としては珍しく、α‐リノレン酸やリノール酸といった不飽和脂肪酸が含まれていますが、不飽和脂肪酸のなかでも非常に稀なオメガ7(別名パルミトレイン酸)と呼ばれる脂肪酸も果油に含まれていることが知られています。

このパルミトレイン酸の効果効能に関してはまだ完全に明らかにされてはいませんが、最近の研究では、脂肪代謝や炎症、老化防止などに効果があるといわれています。

 

したがって、生活習慣病の予防やダイエットなどに関心がある方は、パルミトレイン酸が含まれているサジーを、サジージュースなどから試してみても良いかもしれません。

サジーに期待出来る健康効果

サジーに期待出来る健康効果

 

サジーに含まれている主な栄養素・成分

サジーに含まれている主な栄養素・成分

  • ビタミン類・・・・・・ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンE
  • ミネラル類・・・・・・鉄分、カルシウム、マグネシウム、銅、亜鉛、マンガン、他全12種類
  • アミノ酸・・・・・・アルギニン、リジン、ヒスチジン、フェニルアラニン、チロシン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、パリン、 アラニン、グリシン、プロリン、グルタミン酸、セリン、スレオニン、アスパラギン酸、トリプトファン、シスチン
  • 脂肪酸・・・・・・α-リノレン酸、リノール酸、オレイン酸、パルミトレイン酸
  • 有機酸・・・・・・リンゴ酸、クエン酸、シュウ酸、他
  • 植物ステロール・・・・・・β-シトステロール、カンペステロール、イソフコステロール、他
  • その他の栄養成分・・・・・・食物繊維、リコペン、他

 

サジーはアーユルヴェーダやギリシャ神話でも伝えられている。

ところで、サジー(シーベリー・サージ・シーバックソーン)は、中医学では古くより、血の流れが滞った状態である瘀血(おけつ)に起因する病気に処方されてきたと言います。

サジー(沙棘)の木は中国の高山地帯やロシア、モンゴルをはじめとする、夏は暑く冬は寒い厳しい気候で生育します。

サジーの木

またサジーは7千万年から2億年も昔から、地球上に生育している、歴史ある植物だとされており、インドのアーユルヴェーダでもサジーは免疫力を高める食材として古くから伝えられています。

さらにサジーは、人間との関わりも深く、ギリシャ神話ではサジーの林に捨てられた病弱な馬たちが果実を食べることで奇跡的に生き延び、肥えてたくましい体となり、毛がツヤツヤと光っていたと言い伝えられているそうです。

 

そのサジーの果実には、冒頭でも述べましたが、299種類もの栄養素が含まれているとされており、その栄養豊富なサジーは、欧米では若々しさを保つ健康食品として広く普及しているといいます(たとえば、旧ソ連などでは、早くからサジーの医薬品としての可能性に注目し、多くの研究がなされていきたといわれています)。

 

サジージュース

以上ここまで、299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果について述べてきましたが、栄養豊富なサジーをジュースなどで毎日の食生活にうまく取り入れることは、(特に冬の季節の)健康維持や美容に対して非常に効果的だと言えそうです。

 

ちなみにお味に関しては、酸味がけっこう気になるので、そのままだと飲みにくいという方は、ハチミツを足してあげると、非常に飲みやすくなります。

 

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます(^^♪

 

 

スーパーフードの栄養効果 日々の健康維持のためのスーパーフード入門

AmazonKindle で販売中です!!

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

関連記事

  1. 【59種類の栄養】ユーグレナ効果が現代食の栄養不足を補うために最適なワケ。

    ユーグレナ

    【59種類の栄養】ユーグレナ効果が現代食の栄養不足を補うために最適なワケ。

    59種類もの栄養を含み、さらに栄養素の吸収率が高いユーグレナは…

  2. 日清オイリオの有機ココナッツオイルは健康生活にオススメ

    油・オイル

    日清オイリオの有機ココナッツオイルはこだわりの高品質。

    今回は、日清オイリオの有機エキストラバージンココナッツオイルが…

  3. ヘンププロテインは現代人のための貴重なタンパク源

    ヘンプシード

    ヘンププロテインは現代人のための貴重なタンパク源。

    今回は、ヘンププロテインは現代人のための貴重なタンパク源である…

  4. キヌアの栄養効果がゆる糖質制限にオススメなわけとは?

    糖質制限

    キヌアの栄養効果がゆる糖質制限にオススメなわけとは?

    今回は栄養豊富なスーパーフードである「キヌア」を、ゆる糖質制限…

  5. 北欧のリンゴンベリーでアンチエイジング&美肌

    スーパーフード

    北欧の果実「リンゴンベリー」でアンチエイジング。

    美容とアンチエイジングにオススメな、「リンゴンベリー」という果…

  6. アロエベラの効果・効能

    アロエベラ

    【知っておきたい】アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。

    腸内環境の改善や美肌の実現に最適なスーパーフード「アロエベラ」…

特集記事

  1. 【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。
  2. 写真集『せせらぎ×マインドフルネスの記憶』
  3. 森林浴が慢性的なストレスから解放して心と身体を癒す。
  4. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  5. 純粋国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然

オススメ記事

  1. 【歩く瞑想】ウォーキング・マインドフルネスで現在(いま)と身…
  2. 心の苦しみの原因<三毒>「痴(ち)」とは?【ブッダの智恵で心…
  3. 「運」の良し悪しは客観というより「主観」であるワケ。【運が悪…
  4. マインドフルネスは関係性の中で活かすー『〈目覚め〉への3つの…
  5. <報酬>が「習慣化」の鍵を握っているワケとは?

カテゴリー

『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方』Kindle で販売中です😊

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2024 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

 

amazonアソシエイトプログラムに参加しています。当ブログの記事には、訪問者様が製品またはサービスをamazonから購入した場合に、管理人が手数料を受け取ることがあるリンクが含まれています。

  1. はちみつの効果・効能

    ハチミツ

    知っておきたい【天然・生はちみつの効果・効能】とは?<保存版>
  2. 電子書籍

    『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法』たくさん読んでいただいております!!
  3. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    マインドフルネス

    体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス習慣。
  4. ストレス・慢性炎症・生活習慣病を防ぐためのセルフケア習慣

    電子書籍

    『森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理』Kindle本加筆修正のお知らせ…
  5. 私たちと共生している腸内細菌の役割とは?

    腸内フローラ

    知っておきたい、私たちと共生している腸内細菌の役割【腸を元気にする生き方】
PAGE TOP