ゆっくりスクワットで温活・低体温対策

エクササイズ

ゆっくりスクワットで体温アップ!低体温対策。

ゆっくりスクワットで温活・低体温対策

日頃から低体温に悩まされてはいませんか?

当ブログでは人生100年時代の真のヘルスケアについて述べていますが、今回は、ゆっくりスクワットが温活・低体温対策になるということについてです。

 

以前の記事で、「冬のエネルギー不足による病気を予防するための秘訣とは?」という記事を書きましたが、基本的に冬は日が短く、天気も急変しやすいので、十分に太陽の光を浴びることが難しくなり、何かとエネルギー不足に陥りやすいのです。

そのため、低体温は1年中気をつけたほうが良いのはもちろんですが、低体温に陥りやすい特に冬の季節は、

 

  1. 何事も無理しない(いつもと同じように仕事をこなそうとしない)
  2. 体の冷えに要注意(厚着する・こまめにあたたまる)
  3. いつもより早めに寝る(夜更かしを避ける)

 

といったことが、大きな病気にかからないようにするために大切になってくると思われます。

また、朝や昼の間、もし快晴で太陽の日差しが地上に降り注いでいたら、太陽の光を貴重だと思って、しばらくの間、日光浴を行うことも必要になってきます。

そのほか、特に冬は意識的にからだを温める食べ物を摂るようにすることも大切になってきますが、それ以外にも、体温を上げるために有効な方法があります。

 

それは「運動」です。

特にゆっくりとしたスクワットは、寒い季節に行う運動としてイチオシですし、下半身を鍛えて冬の運動不足を補うという意味でも最適です。

 

ちなみに、30分程度のウォーキングや筋力トレーニングが体温を上げる方法として有効なのはよく知られていますが、アンチエイジング専門医の齋藤真嗣氏は『体温を上げると健康になる』のなかで、「体温を恒常的に上げるもっともよい方法は、基礎代謝を上げることです」とし、さらに、

  • 「体温を上げるためには、筋肉を鍛えることが必要」
  • 「筋肉を鍛えるためには、無酸素運動が有効」
  • 「筋肉を増やせば基礎代謝は自然と上がり、基礎代謝が上がれば体温も自然と上がる」

としています。

 

ゆっくりとした筋肉トレーニングが体温をアップさせる。

齊藤真嗣『体温を上げると健康になる』

そして、「加圧トレーニングに近い効果をもちながら、家庭で一人でも安全に行える「スロートレーニング」」を紹介しています。

この「スロートレーニング」とは、「非常にゆっくりとしたスピードで行う筋肉トレーニング法」のことで、「具体的にいうと、一回のスクワットを一分間ぐらい、時間をかけて」行います。

 

 まず三十秒ぐらいかけてゆっくりと腰を落とし、また三十秒ぐらいかけてゆっくりともとの位置に戻す。これを、呼吸の回数を減らし、できるだけ無酸素に近い状態で行うのです。

トレーニング量の目安としては、一分間一回のスクワットなら、自分の体力に合わせて一〇回から一五回ほど行っていただければ、かなりの筋肉増量につながります。もし、一〇回なんてきつくてとてもできないという人は、三回でも五回でもいいので、できる回数から徐々に増やしていくといいでしょう。

(齊藤真嗣『体温を上げると健康になる』p95)

 

なるべくゆっくりとスクワットを行うだけで体温アップ!

なるべくゆっくりとスクワットを行うだけで体温アップ!

しかし、普段からスクワットを行っていない場合、実際に1回のスクワットを1分間を目安に行ってみると、かなり大変です(汗)。

そのため、もしつらいというのであれば、いきなり無理せず、1回20~30秒を目安に、なるべくゆっくりとスクワットを行うだけでも、体温アップの効果を感じることが出来ます。

またこのスクワットは、特に寝る前に行うのがオススメですし、わざわざ外出しなくても、部屋のなかですぐに行えるので、寒い季節に行う運動としても、イチオシですし、下半身を鍛えて冬の運動不足を補うという意味でも最適です。

 

ちなみに齋藤真嗣医師は「理想的な筋肉トレーニングは三日に一回程度です」と述べており、このゆっくりとしたスクワットも、毎日必ずしなければならないというわけではありませんので、もしよろしければ、体温アップのために自分のペースで気長に続けてみてくださいね。

 

以上この記事では、ゆっくりスクワットが温活・低体温対策になるということについて述べてみました。なお、スロースクワットに関しては、以下のYouTube動画などもオススメです。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 﨑谷博征『新・免疫革命』から免疫力を捉え直す。
  2. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく。
  3. 【知っておきたい】アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。
  4. 知ってトクする<らっきょう>の栄養効果とは?
  5. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

関連記事

  1. <ゆっくりヨガ>の生活習慣がうつ予防と改善に役立つわけ。

    ヨガ

    <ゆっくりヨガ>の生活習慣が、うつ予防と改善に役立つわけ。

    心身のバランスを整え、うつを予防していくために、<ゆっくりヨガ…

  2. うつ

    【うつの要因?】『スマホ脳』は適度な運動で解消する。

    近頃、なんだか疲れやすく、どういうわけかメンタルが不調で落ち込…

  3. スワイショウ×マインドフルネスがうつと運動不足を遠ざける

    エクササイズ

    スワイショウ×マインドフルネスがうつと運動不足を遠ざける。

    スワイショウ×マインドフルネスを心身の健康維持や運動不足解消の…

  4. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    マインドフルネス

    体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    自分のからだが硬いからといって、ヨガをあきらめてはいませんか?…

  5. お金をかけずに足を温めてぐっすり眠るには?

    体温

    お金をかけずに足を温めてぐっすり眠る冷え対策とは?

    毎年本格的な冬がやってくると、からだの芯まで凍るような寒い日が…

  6. ゆっくりとした運動がうつを改善する理由

    うつ

    ゆっくりとした運動がうつの改善にオススメなわけ。

    今回はゆっくりとした運動がうつの改善にオススメなわけについて述…

特集記事

  1. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】
  2. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  3. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
  4. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。

オススメ記事

  1. 心と身体へのアプローチが「うつ」をやわらげる。
  2. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは…
  3. 苫米地英人『音楽と洗脳』は音と脳の関係を考えるのに画期的。
  4. 知っておきたい【森林浴】の免疫力を高める効果とは?
  5. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【要約・書評】

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す

    ストレス解消法

    大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す。
  2. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。

    ミトコンドリア

    『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。…
  3. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?

    カカオ

    <神様の食べ物>カカオの効果・効能がメンタルに注目なワケ。
  4. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ

    断食(ファスティング)

    半日断食(ファスティング)が現代病予防にオススメなわけ。
  5. 『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」とは目的ではなく「結果」だった』

    電子書籍

    『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」と…
PAGE TOP