知ってトクする<らっきょう>の栄養効果。

腸内環境

知ってトクする<らっきょう>の栄養効果とは?

知ってトクする<らっきょう>の栄養効果。

今回は知ってトクする<らっきょう>の栄養効果についてです。

らっきょうで注目な栄養素・成分

 

らっきょうは「畑の薬」「食物繊維の王様」と呼ばれており、カレーの付け合わせとしても定番ですが、実はらっきょうには、食物繊維が100gあたり21gと非常に豊富に含まれているのです。

そのうち水溶性食物繊維が19g、不溶性食物繊維が2.4gとなっており、水溶性の食物繊維がかなり多く含まれています。

 

水溶性食物繊維とは水に溶けやすい食物繊維のことで、善玉菌のエサになりやすいと言われています。

そのため、普段の食事に加えて、らっきょうを1日1~2粒程度、毎日食べるようにすることは、腸内細菌のバランスが整うことにつながってくると思われます。

また、ビフィズス菌やバクテロイデスといった腸内細菌は、食物繊維を分解することで余計な脂肪の蓄積を防ぐ「短鎖脂肪酸」を生み出し続けるため、らっきょうを食べるようにすることで腸内環境を整えることは肥満予防に非常に効果的なのだとされています。

ちなみに水溶性の食物繊維には、糖の吸収をおだやかにする働きもあります。

 

もちろん、腸には免疫細胞の大半が集まっており、「腸管免疫」と呼ばれるほどですので、腸内環境を改善していくことは免疫力の向上にも大きくつながります。

さらに、腸内環境が改善されることで、腸内細菌のバランスが整えば、そのぶん、生活習慣病をはじめとした様々な病気の予防や、万病のもとである便秘の解消などにもつながってきます。

 

ところで、らっきょうには「フルクタン」という食物繊維の一種が含まれているそうですが、この「フルクタン」にも体内の脂肪吸収を抑える効果があるとして、近年話題になっています。

らっきょうに含まれる食物繊維自体にもそのような効果があるとしたら、腸内細菌によって生じる短鎖脂肪酸の効果と共に、かなりの肥満予防効果が期待できると考えられます。

 

らっきょうに含まれる硫化アリルとは?

らっきょうにはニオイや辛みの成分である硫化アリルが含まれている

他にも、らっきょうにはニオイや辛みの成分である硫化アリルが含まれていることも大きな特徴のひとつです。

硫化アリルには強力な抗酸化作用があるため、活性酸素による細胞の老化を防ぐ働きがあります。そのため生活習慣病の予防に効果があるとされています。

また、らっきょうに含まれている硫化アリル化合物の「ジアリルスルフィド」は、体内で発ガン物質を解毒する酵素を活性化すると言われており、ガンの発生を予防する働きがあると言われています。

それ以外にも硫化アリルはエネルギー代謝に必要なビタミンB1の吸収を助けるため、エネルギーの流れが滞らなくなるので疲労回復にも効果があるそうです。

 

らっきょうを食べ過ぎるのは禁物ですが、毎日副菜として1~2粒食べるようにする習慣を持てば、らっきょうに含まれる食物繊維や硫化アリルなどの栄養成分が、腸内環境の改善便秘の解消、活性酸素を防ぐ抗酸化に役立ち、免疫力のアップなどに寄与してくれそうです。

以上が、知ってトクする<らっきょう>の栄養効果についてです。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. ひとりであっても「読書」によって誰かとつながる。【孤独なのに、つながっている】
  2. マインドフルネス瞑想を実践することの効能とは?-『「今、ここ」に意識を集中する練…
  3. 「生活習慣」はアトピーを治していくためのキーワード。
  4. 非加熱の生ハチミツは酵素が豊富。
  5. ジャラハニーは腸内細菌のバランスを整える。

関連記事

  1. 究極の発酵食品<醍醐>とは何か?

    発酵食品

    究極の発酵食品<醍醐>とは何か?

    今回は、究極の発酵食であるとされる「醍醐」について述べていきた…

  2. ローヤルゼリーの特有成分である「デセン酸」の効果・効能

    ローヤルゼリー

    ローヤルゼリー特有の「デセン酸」の効果効能とは?

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法に…

  3. 腸内環境

    『「腸の力」であなたは変わる』で現代病予防。

    今回はデイビッド・パールマター/クリスティン・ロバーグ氏の『「…

  4. 私たちと共生している腸内細菌の役割とは?

    腸内フローラ

    知っておきたい、私たちと共生している腸内細菌の役割【腸を元気にする生き方】

    これからの健康のために、腸内細菌のバランスを整えて腸を元気にす…

  5. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。

    酵素

    酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸健康。

    腸をいつまでも健康に保つために酵素サプリメントをうまく活用して…

  6. 腸内環境の改善がアレルギーを緩和していく。

    免疫力

    腸内環境の改善がアレルギーを緩和していく理由とは?

    今回は腸内環境の改善がアレルギー症状の緩和につながるということ…

特集記事

  1. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す
  2. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】
  3. はちみつの効果・効能
  4. 『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門』

オススメ記事

  1. サプリメントを健康生活に活かすためのトリセツとは?
  2. 「諸行無常」ブッダの教え<無常>とは?【ブッダの智恵で心の苦…
  3. 『自由への旅』はマインドフルネス瞑想を長く続けていくための一…
  4. 生命と人工知能の違いとは?-『AI原論』3
  5. はちみつアロエベラヨーグルトは腸内環境を変えるのにイチオシ。…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

    生活習慣

    腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌活】
  2. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
  3. 『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』

    電子書籍

    『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』増補・改訂しました(^^♪
  4. ミトコンドリア

    ミトコンドリアが<免疫力アップ>に関係しているワケとは?
  5. 『孤独×マインドフルネスで「ひとり時間」を味わう生き方』Kindle出版のお知らせです。

    電子書籍

    『孤独×マインドフルネスで「ひとり時間」を味わう生き方』Kindle出版のお知ら…
PAGE TOP