冬のうつは内臓(おなか)を温めて乗り越える

体温

冬のうつは内臓(おなか)を温めて乗り越える。

冬のうつは内臓(おなか)を温めて乗り越える

冬の寒~い毎日、おなかが冷えていませんか? 十分温めていますか?

今回は、冬のうつは内臓(おなか)を温めて乗り越える、ということについてです。

 

冬になって寒い日々が続くと、自律神経のバランスが乱れるせいか、気持ちが落ち込んだり、不安になったり、やる気が出なかったりすることが多い、という方はたくさんいらっしゃるかもしれません。

また、それと同時に、ネガティブな思いばかりがこみ上げてきて、何事に対しても積極的な気持ちになれない、という場合も考えられます。

このことに関して、以前の記事では、低体温・からだの冷えとエネルギー不足の関係について述べましたが、冬は総体的にエネルギーが不足するため、いつもよりも元気がなくなるのは当然のことだといえます。

 

そのため、「冬のエネルギー不足による病気を予防するための秘訣とは?」など、ほかの記事でも述べたことですが、

 

  1. 何事も無理しない(いつもと同じように仕事をこなそうとしない)
  2. 体の冷えに要注意(厚着する・こまめにあたたまる・冷たい飲みものは飲まない)
  3. いつもより早めに寝る(夜更かしを避ける)

 

といったことが、エネルギーが不足しがちな冬に、エネルギーを温存するために重要になってきます。

 

特に「うつ」の症状が出てきて、つらい気持ちにとらわれてしまった場合は、遠赤外線ヒーターなどを使って、おなか(内臓)を中心に、からだを芯まで温めるのがオススメです。

 

このように述べるのは、心の起源は「脳」ではなく、「腸」をはじめとした内臓にあるからです。

要するに、内臓(おなか)をじっくりと温めれば、冬のうつのつらい症状がやわらぎ、気分も変わってくるかもしれない、ということです。

(このあたりのことは、三木成夫氏の『内臓とこころ』や、西原克成氏の『内臓が生み出す心』、長沼敬憲氏の『心と体を変える “底力” は “腸” にある 腸脳力』などの書籍に詳しく書かれていますので、関心がある方は読んでみてください)。

 

お腹が温まると心もぽかぽかして、うつがやわらぐ。

お腹が温まると心もぽかぽかして、うつがやわらぐ。

実際、私自身、体が冷えていると、何となく気持ちも冷たくなりますが、じっくりと体を温めて、体温が上がってくると、気持ちが変化し、心に余裕がでてくるのが感じられます。また、からだがぽかぽかしてくると、心がだんだん元気になっていきます。

ちなみに、うつの症状を良くしていくための基本は、食事・瞑想・運動だと以前の記事で述べましたが、冬場に関しては、冷たい飲みものを避ける、厚着をするなど、心の源であるおなかが冷えないように、常にからだをあたたかくしておくことが効果的だと思われるのです。

 

山善の遠赤外線カーボンヒーター(DCT-J063)

こちらは山善の遠赤外線カーボンヒーター(DCT-J063)。コンパクトな設計ですので、それほど場所をとりません。就寝前と起床時、私は冬の体調不良やアトピーの悪化を防ぐために、この遠赤外線ヒーターでじっくりとからだとおなかを温めるようにしています。

ところで遠赤外線とは、一般的に3μm~1000μmの波長領域の電磁波のことをいいますが、遠赤外線は、血液循環を活性化させ、新陳代謝を促すといわれているため、部屋のなかをすぐに暖かくするのには向きませんが、じっくりとおなかを温めるのにはオススメなのです。

 

 

うつの予防対策には、食事・運動・瞑想といった生活習慣が大切です。

食事・運動・瞑想

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 幸福への第一歩は他人からの評価を気にしないこと。
  2. 質量のないエネルギーが生命と関係しているー西原克成『究極の免疫力』
  3. 知っておきたいビタミンDの役割・効果効能とは?
  4. 生命を支える「ATP」はミトコンドリアによるエネルギー通貨。
  5. 『いきなりはじめる仏教生活』は生きづらさの解消にオススメの仏教入門。

関連記事

  1. ココアの「うつ」な気分をやわらげる効果

    カカオ

    ココアの「うつ」な気分をやわらげる効果とは?

    今回は、ココアの「うつ」な気分をやわらげる効果について書いてみ…

  2. ゆっくりとした運動がうつを改善する理由

    うつ

    ゆっくりとした運動がうつの改善にオススメなわけ。

    今回はゆっくりとした運動がうつの改善にオススメなわけについて述…

  3. 執着を手放すことはマインドフルネスにつながる

    マインドフルネス

    執着を手放すことはマインドフルネスにつながる。

    当ブログでは令和の時代の真の健康と幸福を実現する方法について書…

  4. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』「はじめに」を無料公開。

    電子書籍

    『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』「はじめに」を無料公開。

    食事・運動・瞑想で自分自身を大切にするためのセルフケア習慣を始…

  5. 冬にアトピーが悪化したらお腹とからだを温めてみるのがオススメ

    体温

    冬アトピーが悪化したらおなかとからだを温める。

    今回は、冬にアトピーが悪化したらお腹とからだを温めてみるのがオ…

  6. クリスタルボウルの音は「うつ」な気分の時にオススメ。【不眠症対策にも】

    うつ

    クリスタルボウルの音色は「うつ」な気分の時にオススメ。【不眠症対策にも】

    当ブログでは令和の時代のセルフケアについて述べていますが、今回…

特集記事

  1. 『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門』
  2. 本物のマヌカハニーの正しい選び方
  3. 『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』
  4. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?
  5. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

オススメ記事

  1. はちみつアロエベラの腸内環境を改善する効果がスゴイわけ。
  2. マインドフルネスは関係性の中で活かすー『〈目覚め〉への3つの…
  3. 知っておきたい『サーファーに花粉症はいない』わけとは!?【2…
  4. ヘンプシードは未来の健康のためのスーパーフード。
  5. コトバのチカラが「うつ」な気分を良くするワケとは?【ネガティ…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. ヘンプシードの免疫系に作用する働き

    ヘンプシード

    ヘンプシードは未来の健康のためのスーパーフード。
  2. アロエベラの効果・効能

    アロエベラ

    アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。
  3. 『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』 

    電子書籍

    『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』Kindle出版の…
  4. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットの成功の鍵は「ヤセ菌」を増やすこと。
  5. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。

    効果・効能

    「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
PAGE TOP