油・脂質の摂り方でアトピーを治していく

油の摂り方

食用油の摂り方はアトピーを治していくためにとっても大切なわけ。

アトピーを治していく

今回は植物油や脂質の摂り方に気をつけることはアトピーを少しでも治していくためにとても大切であるということについて述べていきたいと思います。

近頃、大人になってからのアトピー性皮膚炎に悩まされる方が急増しているといわれていますが、大人のアトピーは完全に治るのでしょうか? また、アトピーを治すためにはどのような手段が有効なのでしょうか?

世の中には「~すればアトピーが治る」という情報が氾濫していますが、アトピーをすぐに治すのは難しいと思われます。

そして、アトピーを治していくために大切なこととして考えられるのは、シンプルに整理すると、以下のようになります。

  1. 腸内環境を改善する
  2. 血液をきれいにする
  3. 新陳代謝を良くする

 

実は私自身アトピー体質で、様々なことを実践するうちに気づいたのですが、アトピーを少しでも治していくためには、あれもこれもと特定の対策を細かく行うのではなく、血液をきれいにし、血液の巡りを良くするために、からだ全体のバランスを整えていくことが重要なのです。

そしてそのために具体的に必要なことは、以下のようなことだと思われます。

 

この記事ではこのうち、植物油や脂質の摂り方について述べていきたいと思います。

 

アトピーを少しでも治していくための油・脂質の摂り方とは?

油・脂質

アトピーを少しでも治していくためには、油・脂質の摂り方を気をつけてみることが大切になってくるように思います。

というのは、油はかゆみの原因になりやすく、現代社会においては知らないうちに加工食品やファストフードからサラダ油や植物油脂を過剰に摂取してしまう傾向にあるため、植物油の摂取は増やすよりも出来る限り控えめにしたほうが良いと思われるのです。

 

特に、酸化した植物油の摂取量を減らすという意味では、天ぷらやフライなどの揚げ物の食べ過ぎは避けたほうが賢明です。

また、植物油は、<植物油脂>という食品添加物のかたちで、お菓子をはじめとした加工食品のほとんどに含まれていますので、アトピーのかゆみを少しでもやわらげていくためには、加工食品中心の食事にも注意が必要だと思われます。

 

では具体的に油・脂質の摂り方をどのように気をつければよいのでしょうか?

このことに関しては、まず、リノール酸(オメガ6)が含まれている植物油を食事でなるべく減らしていくことが大切です。

そして、その代わりに青魚や亜麻仁油などに含まれるオメガ3と呼ばれる脂肪酸をバランスよく摂っていく必要があると一般的には言われていますが、しかしだからといって、オメガ6と同じように酸化しやすい性質があるオメガ3脂肪酸を大量に摂取するのは禁物です。

 

ちなみに不飽和脂肪酸であるオメガ6とオメガ3の摂取量の理想的なバランスは2:1や1:1だと言われています。

植物油・サラダ油の摂り過ぎを避ける

(なお、アトピーと植物油の関係については、医学博士の永田良隆氏の『油を断てばアトピーはここまで治る』のなかで詳しく書かれているので、関心がある方は一読していただきたいと思います)。

 

 

大切なのは植物油・サラダ油の摂り過ぎを避けること。

大切なのは植物油・サラダ油の摂り過ぎを避けること。

しかし、オメガ6のリノール酸を過剰摂取している傾向がある場合は、オメガ3の脂肪酸を増やすのではなく、オメガ6の摂取量を減らすことで、オメガ3脂肪酸とのバランスをうまく調整していく必要があります。

わかりやすくいえば、油・脂質は、普段の食事で十分な量を摂れている可能性が高いので、オメガ3を無理に食生活にプラスする必要はないということです(これはあくまで個人の意見です)。

まず大切なのは、揚げ物やファストフード、植物油脂が含まれた加工食品を食べることを控え、オメガ6の脂肪酸の摂取を減らすということです。

 

また、揚げ物はもちろん、炒め物を食べても、酸化した植物油の摂取量が増えてしまうので、炒め物をする際には、サラダ油ではなく、主に飽和脂肪酸で構成されているバターやココナッツオイルギーなどを利用してみると良いかもしれません。

 

ココナッツオイルとギーをブレンドしたもの

こちらはココナッツオイルとギーをブレンドした「ココナッツ・ギー」。スキンケアにもオススメです。

 

そのほか、食材を加熱する際は、「炒める」という手段だけではなく、「煮る」や「蒸す」といった方法もありますので、野菜やお肉などの食材を煮たり蒸したりしてみることも、植物油の摂取量を減らすことにつながります(ちなみにこのあたりの調理に関するレシピについては、アトピーなんか飛んで行け!の会が出版している『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』が参考になります)。

 

 

以上、ここまで油・脂質の摂り方はアトピーを治していくために大切だということについて述べてきましたが、アトピー性皮膚炎の症状に関しては、原因や症状についても個人差があるため、この記事の内容が、どなたにとっても100パーセント正しいわけではありません。そのため、この記事の内容は、アトピーを少しでも良くしていくための参考程度に止めておいていただければ幸いです。

また、この記事内容が少しでも、アトピー性皮膚炎に悩んでいる方の症状の改善のお役に立てれば、大変嬉しく思います。

 

アトピーを治していくために大切なこと。

  1. 腸内環境を改善する
  2. 血液をきれいにする
  3. 新陳代謝を良くする

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 気功が免疫力アップに関係している理由とは?
  2. ルイボスティー生活は便秘の解消にも効果的なわけ。
  3. 布施英利『人体 5億年の記憶』から知る三木成夫の世界観。
  4. 心の苦しみの原因<三毒>「瞋(じん)」とは?【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生…
  5. クリスタルボウルの音色は「うつ」な気分の時にオススメ。【不眠症対策にも】

関連記事

  1. ミトコンドリアを元気に

    ミトコンドリア

    アトピーを治していくためにはミトコンドリアを元気に。

    。当ブログでは主に、ハチミツとミトコンドリアで真の健康…

  2. アーシングによって改善される可能性がある病気・症状

    アーシング

    アーシングはアトピー改善にも効果的。

    今回は、大地と直接つながるアーシングが、アトピー改善にも効果的…

  3. 冬にアトピーが悪化したらお腹とからだを温めてみるのがオススメ

    体温

    冬アトピーが悪化したらおなかとからだを温める。

    今回は、冬にアトピーが悪化したらお腹とからだを温めてみるのがオ…

  4. ミトコンドリア

    空腹力がミトコンドリアを強くする・増やす。

    時々食べない時間をつくることで空腹を感じることは、ミトコンドリ…

  5. マインドフルネス瞑想をアトピー改善に役立てるには?

    ストレス解消法

    マインドフルネス瞑想をアトピー改善に役立てるには?

    今回は、マインドフルネス瞑想をアトピー改善に役立てる方法につい…

  6. 食べ過ぎは腸内環境を悪化させる

    腸内フローラ

    食べ過ぎによる消化不良は腸内環境を悪化させる。

    今回は食べ過ぎによる消化不良は腸内環境を悪化させるということに…

特集記事

  1. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?
  2. ヘンプシードの免疫系に作用する働き
  3. マヌカハニーの効果・効能
  4. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと
  5. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

オススメ記事

  1. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【要約・書評】
  2. 腸内細菌のバランスが健康維持のためにすごく大切なわけ。【腸を…
  3. 純粋・生の国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然で…
  4. 『テロメア・エフェクト』が健康長寿のために大切なわけとは?【…
  5. 【般若心経】を感じるマインドフルネスが脳疲労やイライラを軽減…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック

    ストレス解消法

    『心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック』のストレス解消効果がスゴイ。
  2. ATPはミトコンドリアによるエネルギー通貨。

    ミトコンドリア

    生命を支える「ATP」はミトコンドリアによるエネルギー通貨。
  3. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。

    効果・効能

    「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  4. 『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアンチエイジング』

    電子書籍

    『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアン…
  5. 『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」とは目的ではなく「結果」だった』

    電子書籍

    『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」と…
PAGE TOP