油・脂質の摂り方でアトピーを治していく

油の摂り方

食用油の摂り方はアトピーを治していくためにとっても大切なわけ。

アトピーを治していく

今回は植物油や脂質の摂り方に気をつけることはアトピーを少しでも治していくためにとても大切であるということについて述べていきたいと思います。

近頃、大人になってからのアトピー性皮膚炎に悩まされる方が急増しているといわれていますが、大人のアトピーは完全に治るのでしょうか? また、アトピーを治すためにはどのような手段が有効なのでしょうか?

世の中には「~すればアトピーが治る」という情報が氾濫していますが、アトピーをすぐに治すのは難しいと思われます。

そして、アトピーを治していくために大切なこととして考えられるのは、シンプルに整理すると、以下のようになります。

  1. 腸内環境を改善する
  2. 血液をきれいにする
  3. 新陳代謝を良くする

 

実は私自身アトピー体質で、様々なことを実践するうちに気づいたのですが、アトピーを少しでも治していくためには、あれもこれもと特定の対策を細かく行うのではなく、血液をきれいにし、血液の巡りを良くするために、からだ全体のバランスを整えていくことが重要なのです。

そしてそのために具体的に必要なことは、以下のようなことだと思われます。

 

この記事ではこのうち、植物油や脂質の摂り方について述べていきたいと思います。

 

アトピーを少しでも治していくための油・脂質の摂り方とは?

油・脂質

アトピーを少しでも治していくためには、油・脂質の摂り方を気をつけてみることが大切になってくるように思います。

というのは、油はかゆみの原因になりやすく、現代社会においては知らないうちに加工食品やファストフードからサラダ油や植物油脂を過剰に摂取してしまう傾向にあるため、植物油の摂取は増やすよりも出来る限り控えめにしたほうが良いと思われるのです。

 

特に、酸化した植物油の摂取量を減らすという意味では、天ぷらやフライなどの揚げ物の食べ過ぎは避けたほうが賢明です。

また、植物油は、<植物油脂>という食品添加物のかたちで、お菓子をはじめとした加工食品のほとんどに含まれていますので、アトピーのかゆみを少しでもやわらげていくためには、加工食品中心の食事にも注意が必要だと思われます。

 

では具体的に油・脂質の摂り方をどのように気をつければよいのでしょうか?

このことに関しては、まず、リノール酸(オメガ6)が含まれている植物油を食事でなるべく減らしていくことが大切です。

そして、その代わりに青魚や亜麻仁油などに含まれるオメガ3と呼ばれる脂肪酸をバランスよく摂っていく必要があると一般的には言われていますが、しかしだからといって、オメガ6と同じように酸化しやすい性質があるオメガ3脂肪酸を大量に摂取するのは禁物です。

 

ちなみに不飽和脂肪酸であるオメガ6とオメガ3の摂取量の理想的なバランスは2:1や1:1だと言われています。

植物油・サラダ油の摂り過ぎを避ける

(なお、アトピーと植物油の関係については、医学博士の永田良隆氏の『油を断てばアトピーはここまで治る』のなかで詳しく書かれているので、関心がある方は一読していただきたいと思います)。

 

 

大切なのは植物油・サラダ油の摂り過ぎを避けること。

大切なのは植物油・サラダ油の摂り過ぎを避けること。

しかし、オメガ6のリノール酸を過剰摂取している傾向がある場合は、オメガ3の脂肪酸を増やすのではなく、オメガ6の摂取量を減らすことで、オメガ3脂肪酸とのバランスをうまく調整していく必要があります。

わかりやすくいえば、油・脂質は、普段の食事で十分な量を摂れている可能性が高いので、オメガ3を無理に食生活にプラスする必要はないということです(これはあくまで個人の意見です)。

まず大切なのは、揚げ物やファストフード、植物油脂が含まれた加工食品を食べることを控え、オメガ6の脂肪酸の摂取を減らすということです。

 

また、揚げ物はもちろん、炒め物を食べても、酸化した植物油の摂取量が増えてしまうので、炒め物をする際には、サラダ油ではなく、主に飽和脂肪酸で構成されているバターやココナッツオイルギーなどを利用してみると良いかもしれません。

 

ココナッツオイルとギーをブレンドしたもの

こちらはココナッツオイルとギーをブレンドした「ココナッツ・ギー」。スキンケアにもオススメです。

 

そのほか、食材を加熱する際は、「炒める」という手段だけではなく、「煮る」や「蒸す」といった方法もありますので、野菜やお肉などの食材を煮たり蒸したりしてみることも、植物油の摂取量を減らすことにつながります(ちなみにこのあたりの調理に関するレシピについては、アトピーなんか飛んで行け!の会が出版している『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』が参考になります)。

 

 

以上、ここまで油・脂質の摂り方はアトピーを治していくために大切だということについて述べてきましたが、アトピー性皮膚炎の症状に関しては、原因や症状についても個人差があるため、この記事の内容が、どなたにとっても100パーセント正しいわけではありません。そのため、この記事の内容は、アトピーを少しでも良くしていくための参考程度に止めておいていただければ幸いです。

また、この記事内容が少しでも、アトピー性皮膚炎に悩んでいる方の症状の改善のお役に立てれば、大変嬉しく思います。

 

アトピーを治していくために大切なこと。

  1. 腸内環境を改善する
  2. 血液をきれいにする
  3. 新陳代謝を良くする

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 栄養バランスの良い食事はアトピーを治していくために大切。
  2. 『腸内細菌が家出する日』がやって来た!?
  3. 『アトピーがぐんぐん消えた!』で大人アトピーの生活改善。
  4. 半日断食(ファスティング)が現代病予防にオススメなわけ。
  5. 食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。

関連記事

  1. 油のことで知っておきたい飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いとは?

    油・オイル

    オイル摂取で知っておきたい飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いとは?

    今回は、脂質・油の摂り方に関する、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違…

  2. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく

    食事

    スーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケとは?

    今回はスーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケに…

  3. 知って得する【酵素の効果的な摂り方】とは?

    酵素

    知って得する【酵素の効果的な摂り方】とは?

    「酵素」は毎日の健康を目指していくために大切な存在ですが、今回…

  4. 糖質制限は炭水化物を減らすではなく選ぶ

    糖質制限

    糖質制限は炭水化物を減らすではなく「選ぶ」が大切。

    毎日の食生活のなかで、糖質をからだに必要な分だけしっかり摂って…

  5. 太陽光を気持ちよく浴びることはアトピー改善のための生活習慣としてオススメ。

    日光浴

    太陽光を気持ちよく浴びることはアトピー改善のための生活習慣としてオススメ。

    日光浴を行うことはアトピー性皮膚炎の改善や予防に効果的なのでし…

  6. 生食と加熱食の割合は6対4が良い理由

    加工食品

    生食と加熱食の割合は6対4が良い理由。

    今回は生食と加熱食の割合は6対4が良い理由についてです。…

特集記事

  1. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく
  2. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。
  3. 本物のマヌカハニーの正しい選び方
  4. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』「はじめに」を無料公開。
  5. はちみつの効果・効能

オススメ記事

  1. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネ…
  2. ココナッツオイル&ギーでスキンケア&乾燥肌対策。
  3. マインドフルネス瞑想はビジネスのための道具なのか?『光の中の…
  4. 天然・生・純粋ハチミツの栄養素・成分とは?
  5. 『思考のすごい力』は自分の人生を劇的に変えるきっかけになる。…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣

    生活習慣

    アトピーを治すために続けていきたい生活習慣とは?
  2. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。

    電子書籍

    『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。
  3. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

    サジー(シーバックソーン)

    299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果とは?
  4. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    マインドフルネス

    体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  5. 知腸内環境の改善が免疫力を高める

    酵素ドリンク

    ダイエットに効果的!酵素ドリンクでのプチゆる断食。
PAGE TOP