短鎖脂肪酸の効果・効能

腸内細菌

短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?

短鎖脂肪酸の効果・効能

アレルギー改善やダイエット効果などが期待されている短鎖脂肪酸が、腸内細菌によってきちんと腸内で作られるようにすることは、いつまでも健康を維持していくために大切なことだと思われます。

そのため今回は、短鎖脂肪酸の効果・効能についてです。

 

短鎖脂肪酸とは腸内細菌が食物繊維やオリゴ糖などを原料にして作り出す飽和脂肪酸の一種で、酢酸、酪酸、プロピオン酸などの総称です。

この短鎖脂肪酸が腸内細菌によって生み出されると、免疫力のアップを中心に、健康に対して様々な効果がもたらされるとされています。

たとえば、医学博士の藤田紘一郎氏は、短鎖脂肪酸の効果・効能について以下を挙げています。

 

  • 脂肪の蓄積を減らし、全身の代謝を活発にして肥満を防ぐ
  • 糖尿病を直接的に改善するホルモン「インクレチン」を増やす
  • アレルギー反応を抑えるTレグを増やす
  • 脳内伝達物質であるセロトニンの分泌を促す
  • 腸のバリア機能を高めることで、食中毒、炎症、食物アレルギー、動脈硬化、がんなどの病気を防ぐ
  • 短鎖脂肪酸ができる過程で腸内細菌から水素が発生し、活性酸素を中和する
  • 腸管の活動エネルギー源となる

(藤田紘一郎『腸内細菌が家出する日』より抜粋)

 

この短鎖脂肪酸は糖尿病を予防したり、余分な脂肪の蓄積を防いだりする効果があるため、生活習慣病の改善や痩せ菌ダイエットの救世主として、近年、メディアなどでも注目されるようになりました。

また、短鎖脂肪酸は以上のような効果だけではなく、抗炎症作用もあり、アレルギーやうつの症状の緩和することに加え、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患に対しても効果を発揮すると期待されています。

 

  • 便の構成要素となり便量を増大し便秘を防ぐ
  • 発がん物質や有害菌、有害物質を吸着し体外に排泄する
  • 消化管の働きを活発にする
  • 糖の吸収速度を遅くし食後の急激な血糖値上昇を防ぐ
  • 唾液分泌を増す(咀嚼が多い場合)
  • 胆汁酸を吸着し体外に排泄する
  • コレステロールの余分な吸収を防ぐ
  • ナトリウムの過剰を防ぐ
  • 腸内での有用菌(善玉菌)のエサとなり有用菌を増やし腸内環境を改善する
  • 胃袋がいっぱいになり過食しにくくなり、そのためカロリー制限できる
  • 粘性の食物繊維ほど小腸に分泌される膵液と胆汁の液や酵素の量を多くする
  • 腸の蠕動運動を活発にし、内容物を速やかに移動させる
  • 水溶性食物繊維は短鎖脂肪酸をつくり、これがありとあらゆる作用をする

(鶴見隆史『食物養生大全』評言社 p420~421)

 

短鎖脂肪酸を増やすための方法とは?

短鎖脂肪酸を増やすための方法とは?

では短鎖脂肪酸を体内に増やしていくにはどうすれば良いのでしょうか?

その答えはやはり腸内細菌のバランスを整えて腸内環境や腸内フローラを改善していくことです。

特に、短鎖脂肪酸がきちんと作られるためには、腸内細菌のチームワークが大切だと、医学博士の藤田紘一郎氏は述べています。

つまり特定の乳酸菌だけに頼るのではなく、腸内細菌の多様性を大切にしながら、腸内環境を整えていくことが最も有効な手段なのです。

 

そのための具体的な方法としては、短鎖脂肪酸は食物繊維オリゴ糖を摂ることで腸内細菌によって作られるため、普段から食物繊維(特に水溶性)やオリゴ糖が豊富に含まれた食材を適度に摂るようにして腸内フローラのバランスを整えたり、腸内環境を改善していったりすることが挙げられます。

 

以上、ここまで短鎖脂肪酸の効果・効能について述べてきましたが、腸内環境や腸内フローラの改善によって、ダイエットや免疫力アップ、アレルギーうつの改善にも役立つとされる短鎖脂肪酸がきちんと作られるようにすることは、いつまでも健康を維持していくために大切なことだと思われます。

しかし、短鎖脂肪酸が腸内細菌による万能薬であるといっても、何事も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」で、短鎖脂肪酸を増やすことが目的で水溶性の食物繊維を過剰摂取し、腸内細菌を増殖させすぎてしまうことは、健康のために良くありません。

そのため、腸内環境を整える基本はやはり、土壌を耕すようなつもりで、適度に腸内細菌のバランスを整えることだと言えるのです。

 

 短鎖脂肪酸とは、私たちが食べた食物繊維を腸内細菌が分解するときにつくる代謝産物だ。

腸内細菌がつくる主要な脂肪酸は三つ。酢酸、プロピオン酸、酪酸であり、排せつされるか結腸に吸収され、体の細胞のエネルギー源として使われる。

酪酸は結腸の内側をおおう細胞にとってもっとも重要な燃料であり、発がん抑制効果、抗炎症効果もある。

これらの脂肪酸の割合は腸内細菌の多様性や、食事のあり方に左右される。

(デイヴィッド・パールマター 『「腸の力」であなたは変わる』 白澤卓二 訳 p196)

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. ミトコンドリアの活性化でアンチエイジング&老化予防。
  2. 『食物養生大全』は食事で現代病を解決していくための一冊。
  3. 自然の水音が心地良い自然音動画3選【ストレスやコロナ疲れの解消にオススメ】
  4. 『なぜ世界は存在しないのか』の「哲学を新たに考える」を要約。
  5. 『アルツハイマー病は「脳の糖尿病」』である理由とは?

関連記事

  1. ポリフェノール・ファイトケミカルの効果効能とは?

    ポリフェノール・ファイトケミカル

    知ってトクするポリフェノール・ファイトケミカルの効果・効能とは?

    今回は、ポリフェノール・ファイトケミカルの効果効能についてです…

  2. 運動

    腸内環境

    適度な運動が腸内環境を良好に保つ。

    今回は適度な運動が腸内環境を良好に保ち、運動不足は腸内環境の悪…

  3. ビタミンEの効果・効能が大切なわけ。

    ビタミンE

    知っておきたいビタミンEの役割・効果効能とは?

    今回は、ビタミンEの役割や効果・効能についてです。一般…

  4. 腸内環境

    「うつ」をやわらげるには腸内環境の改善が必要。

    今回はうつをやわらげるには腸内環境の改善が必要なわけについて述…

  5. 【知っておきたい】腸の仕組みと働き。

    腸内環境

    【知っておきたい】腸の仕組みと働き。

    腸内細菌の集まりである腸内フローラのバランスを整えることで、腸…

  6. 肉食中心の食事は大腸がんの原因に!?

    腸内環境

    肉食中心の食事は大腸がんの原因に!?

    今回は肉食中心の食事は大腸がんの原因になりやすい、ということに…

特集記事

  1. はちみつの効果・効能
  2. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。
  3. ヘンプシードの免疫系に作用する働き
  4. 『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』 
  5. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?

オススメ記事

  1. 習慣は未来からやって来る!? 『いい習慣が脳を変える』3
  2. <ゆっくりヨガ>の生活習慣がうつ予防と改善に役立つわけ。
  3. 生ローヤルゼリーの健康効果が心と体にオススメなわけ。
  4. 不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート・プログ…
  5. 「うつ」を予防するための食事のポイントとは?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    マインドフルネス

    呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】
  2. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?

    ミトコンドリア

    ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?【健康のために知っておきたい】
  3. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

    うつ

    <食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは?
  4. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。

    発酵食品

    発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  5. 【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。

    ハチミツ

    【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。
PAGE TOP