脳の炎症を抑えるための生活習慣

「うつ」にも関わる【脳の炎症】を抑えるための生活習慣とは?

「うつ」にも関係している脳の炎症を抑えるための生活習慣

当ブログでは令和の時代のヘルスケア&セルフケアについて考えていますが、今回は「うつ」にも関係している脳の炎症を抑えるための生活習慣についてです。

 

以前の記事で脳の炎症とうつの症状の関係について述べましたが、精神科医の最上悠氏は、『「脳の炎症」を防げばうつは治せる』のなかで、「脳の慢性炎症は、心理ストレスがあるときに起こりやすい」と述べています。

最上悠氏によれば、心理ストレスが与えられると、炎症を起こせと命令する炎症伝令物質が増加し、炎症を促進するのだといいます。

 

しかし、そのブレーキ役として、ストレスホルモンや迷走神経が炎症を抑えようとするのですが、「それでも抑えきれないとき、ジリジリダラダラとした慢性炎症が起こる」のだというのです。

分かりやすくいえば、慢性的な心理ストレスが原因で炎症が長引いてしまうと、炎症の火消し役のストレスホルモンや迷走神経の働きが鈍くなってしまうということです。

 

「慢性炎症がうつをよぶメカニズム」とは?

心理ストレスは炎症の原因

また、最上悠氏は「慢性炎症がうつをよぶメカニズム」として以下を挙げています。

  • 炎症伝令物質が、うつっぽい症状を引き起こす
  • 炎症伝令物質が、脳内科学物質の働きを狂わせる
  • ストレスホルモンが脳細胞を殺してしまう
  • 脳細胞の〝生まれ変わり〟がスムーズにいかなくなる
  • 慢性炎症によって、脳細胞の周辺の組織も死んでしまう
  • グルタミン酸や活性酸素が、脳細胞を痛みつける

(最上悠『「脳の炎症」を防げばうつは治せる』p61より抜粋)

 

そして、「脳の慢性炎症は、いくつものメカニズムが複雑に連動してうつを引き起こします」と述べています。

 

脳の慢性炎症を改善するために大切なこととは?

「脳の炎症」を防げばうつは治せる

では、脳と体の慢性炎症を改善するにはどうすれば良いのでしょうか?

 

最上悠氏は『「脳の炎症」を防げばうつは治せる』のなかで、

  • 「脳や体で起きている慢性炎症を抑える」
  • 「慢性炎症の原因となる心理ストレスを減らす」

ことが大切だとしています。

 

また、「慢性炎症を改善するための、〝抗炎症のライフスタイル〟」として、「食事」と「運動」というふたつの切り口を挙げています。

この「食事」と「運動」とは具体的には、地中海式の食事やウォーキングなどの有酸素運動のことですが、詳しい内容については省略いたします。

脳の炎症とうつの症状の関係も含めて、もしその内容に関心がある方は、最上悠氏の『「脳の炎症」を防げばうつは治せる』をご自身で実際に読まれることをおすすめします。

 

食事・運動・瞑想

ちなみに本書では心のストレスを減らす「セルフ・ヘルプ」の方法の一つとして、「マインドフルネス」も紹介されていますが、うつを少しでもやわらげていくためには、食事・運動・瞑想を行う習慣によって、心と体のバランスを整えるアプローチが大切だと思われます。

 

以上この記事では、「うつ」にも関係している脳の炎症を抑えるための生活習慣について述べてみました。

ご訪問、ありがとうございます。

 

 

 

 

当ブログ管理人が書いた『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方 自分を大切にするためのセルフケア習慣』、Amazon Kindleで販売中です(^^♪

食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

関連記事

  1. うつの時は「しなければならない」を減らして「したい」を増やす。

    メンタルヘルス

    うつの時は「しなければならない」を減らして「したい」を増やす。

    当ブログでは人生100年時代のヘルスケア&セルフケアについて考…

  2. マインドフルネスが自分のこだわりから距離を置くのに役立つわけとは?

    生活習慣

    マインドフルネスで自分のこだわりから距離を置く。-『あなたの脳は変えられる』3

    脳は休んでいるつもりでも常に活動し、エネルギーを消費しているこ…

  3. 心身を蝕む「キラーストレス」が怖いのは本当

    うつ

    心身を蝕むキラーストレスが怖いのは本当なわけ。

    当ブログでは令和の時代の健康と幸福について書いていますが、今回…

  4. なぜ【食事・運動・瞑想】が「うつ」な気分を良くするのか?

    うつ

    なぜ【食事・運動・瞑想】で「うつ」な気分が良くなるのか? 2022年版

    最近何だかやる気が起きないうえに暗いニュースばかりで、どことな…

  5. 『セラピスト』から考える、心の安らぎのあり方

    メンタルヘルス

    『セラピスト』から考える、心の安らぎのあり方。

    今回は『セラピスト』(最相葉月 著 新潮社)という本を心の健康…

  6. 【食事・運動・瞑想】で心身のバランスを整えることは<コロナうつ>にも有効。

    うつ

    【食事・運動・瞑想】で心身のバランスを整えることは<コロナうつ>にも有効。

    世の中に希望を見出すことができず、「コロナうつ」がつらいと感じ…

特集記事

  1. 写真集『せせらぎ×マインドフルネスの記憶』
  2. 腸内環境・腸内フローラの改善方法
  3. 本物のマヌカハニーの正しい選び方
  4. 腸内環境を整えるとは、手段というより日々の習慣の「結果」。【腸を元気にする生き方】
  5. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?

オススメ記事

  1. ココアやチョコの原料「カカオ」ってそもそも何?【知っておきた…
  2. 『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動…
  3. 新しい未来の宗教「データ至上主義」とは何か?-『ホモ・デウス…
  4. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネ…
  5. 『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方…

カテゴリー

『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方』Kindle で販売中です😊

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 生活習慣を変えてより健康になる秘訣とは?

    生活習慣

    いつもの生活習慣を変えて、今より少しだけ健康になってみるためには?【2023年版…
  2. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』

    ブッダ/仏教

    悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  3. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ

    断食(ファスティング)

    半日断食(ファスティング)が現代の病気予防にオススメなわけ。
  4. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある

    ブッダ/仏教

    般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。…
  5. 知腸内環境の改善が免疫力を高める

    酵素ドリンク

    ダイエットに効果的!酵素ドリンクでのプチゆる断食。
PAGE TOP