脳の炎症を抑えるための生活習慣

「うつ」にも関わる【脳の炎症】を抑えるための生活習慣とは?

「うつ」にも関係している脳の炎症を抑えるための生活習慣

当ブログでは令和の時代のヘルスケア&セルフケアについて考えていますが、今回は「うつ」にも関係している脳の炎症を抑えるための生活習慣についてです。

 

以前の記事で脳の炎症とうつの症状の関係について述べましたが、精神科医の最上悠氏は、『「脳の炎症」を防げばうつは治せる』のなかで、「脳の慢性炎症は、心理ストレスがあるときに起こりやすい」と述べています。

最上悠氏によれば、心理ストレスが与えられると、炎症を起こせと命令する炎症伝令物質が増加し、炎症を促進するのだといいます。

 

しかし、そのブレーキ役として、ストレスホルモンや迷走神経が炎症を抑えようとするのですが、「それでも抑えきれないとき、ジリジリダラダラとした慢性炎症が起こる」のだというのです。

分かりやすくいえば、慢性的な心理ストレスが原因で炎症が長引いてしまうと、炎症の火消し役のストレスホルモンや迷走神経の働きが鈍くなってしまうということです。

 

「慢性炎症がうつをよぶメカニズム」とは?

心理ストレスは炎症の原因

また、最上悠氏は「慢性炎症がうつをよぶメカニズム」として以下を挙げています。

  • 炎症伝令物質が、うつっぽい症状を引き起こす
  • 炎症伝令物質が、脳内科学物質の働きを狂わせる
  • ストレスホルモンが脳細胞を殺してしまう
  • 脳細胞の〝生まれ変わり〟がスムーズにいかなくなる
  • 慢性炎症によって、脳細胞の周辺の組織も死んでしまう
  • グルタミン酸や活性酸素が、脳細胞を痛みつける

(最上悠『「脳の炎症」を防げばうつは治せる』p61より抜粋)

 

そして、「脳の慢性炎症は、いくつものメカニズムが複雑に連動してうつを引き起こします」と述べています。

 

脳の慢性炎症を改善するために大切なこととは?

「脳の炎症」を防げばうつは治せる

では、脳と体の慢性炎症を改善するにはどうすれば良いのでしょうか?

 

最上悠氏は『「脳の炎症」を防げばうつは治せる』のなかで、

  • 「脳や体で起きている慢性炎症を抑える」
  • 「慢性炎症の原因となる心理ストレスを減らす」

ことが大切だとしています。

 

また、「慢性炎症を改善するための、〝抗炎症のライフスタイル〟」として、「食事」と「運動」というふたつの切り口を挙げています。

この「食事」と「運動」とは具体的には、地中海式の食事やウォーキングなどの有酸素運動のことですが、詳しい内容については省略いたします。

脳の炎症とうつの症状の関係も含めて、もしその内容に関心がある方は、最上悠氏の『「脳の炎症」を防げばうつは治せる』をご自身で実際に読まれることをおすすめします。

 

食事・運動・瞑想

ちなみに本書では心のストレスを減らす「セルフ・ヘルプ」の方法の一つとして、「マインドフルネス」も紹介されていますが、うつを少しでもやわらげていくためには、食事・運動・瞑想を行う習慣によって、心と体のバランスを整えるアプローチが大切だと思われます。

 

以上この記事では、「うつ」にも関係している脳の炎症を抑えるための生活習慣について述べてみました。

ご訪問、ありがとうございます。

 

 

 

 

当ブログ管理人が書いた『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方 自分を大切にするためのセルフケア習慣』、Amazon Kindleで販売中です(^^♪

食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 【うつの要因?】『スマホ脳』は適度な運動で解消する。
  2. インターバル速歩はなぜ健康長寿&認知症予防に効果的なのか? 『ウォーキ…
  3. カリウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】
  4. 自然音をBGMとして流すだけで脳ストレスが軽減【うつな気分を良くする】
  5. 今やりたいことに集中することが幸せを感じるコツ。

関連記事

  1. 大事なのはぐるぐる思考やネガティブ思考に気づき、受けいれること。

    メンタルヘルス

    大事なのはぐるぐる思考やネガティブ思考に気づき、受けいれること。

    日頃から頭でいろいろ悩みすぎて心身ともに疲れきってはいませんか…

  2. 腸内環境

    「心の不調」と腸・皮膚・筋肉の関係とは?『腸・皮膚・筋肉が心の不調を治す』

    今回は「心の不調」と腸・皮膚・筋肉の関係についてです。…

  3. ストレス対策とうつの改善にスロージョギングがオススメなわけ。

    ストレス解消法

    ストレス対策とうつの改善にスロージョギングがオススメなわけ。

    なるべくゆっくり走るスロージョギングをライフスタイルにとりいれ…

  4. 【食事・運動・瞑想】で心身のバランスを整えることは<コロナうつ>にも有効。

    うつ

    【食事・運動・瞑想】で心身のバランスを整えることは<コロナうつ>にも有効。

    世の中に希望を見出すことができず、「コロナうつ」がつらいと感じ…

  5. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

    うつ

    <食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは?

    現代社会においては、毎日の生活のなかで、「うつ」の症状を一度は…

  6. 心と身体へのアプローチがうつをやわらげる。

    うつ

    心と身体へのアプローチが「うつ」をやわらげる。

    今回は心と身体へのアプローチがうつをやわらげるということについ…

特集記事

  1. ATPはミトコンドリアによるエネルギー通貨。
  2. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?
  3. 『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』
  4. 心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック
  5. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく

オススメ記事

  1. ハチミツヨーグルトが腸内環境を整えるワケ。
  2. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。
  3. 心の免疫力の低下を防ぐには、日々の瞑想習慣が大切。【コロナ禍…
  4. アルツハイマー病の原因「アミロイドβ」はなぜ蓄積してしまうの…
  5. ブッダが説いた心の悩み苦しみ、脳のストレスを減らす方法とは?…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. ATPはミトコンドリアによるエネルギー通貨。

    ミトコンドリア

    生命を支える「ATP」はミトコンドリアによるエネルギー通貨。
  2. ミトコンドリア

    ミトコンドリアが免疫力アップに関係しているワケ。
  3. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  4. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。

    ミトコンドリア

    『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。…
  5. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?

    ミトコンドリア

    ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?【健康のために知っておきたい】
PAGE TOP