<孤独>と「創造」の関係性とは? 【孤独なのに、つながっている生き方】

創造

<孤独>と「創造」の関係性とは? 【孤独なのに、つながっている生き方】

瞑想・創造・読書が、自己肯定感・安全基地を育てる!【孤独なのにつながっている】

孤独な時こそ、自己肯定感や安全基地を育てるために、クリエイティブな生き方を始めてみることがオススメです。

 

前回の記事では、瞑想と読書と創造が「自己肯定感」や「安全基地」を育てるということについて述べました。

今回は、<孤独>であることと「創造」の関係性についてです。

 

では「孤独」と「創造」にはどのような関係があるのでしょうか?

まず、このことを考える時、『孤独の達人』のなかで臨床心理士の諸富祥彦氏が、

 

真のクリエイティブな思想、芸術、科学的発見は、分野の違いを超えて、きわめて孤独な作業からしか生まれないのは、必然です。

そしてこの深い孤独においてこそ、少数のごく親密な他者と深いつながりが回復されます。

 

と述べていることは大変参考になります。

 

深く孤独であることは、創造のためにも不可欠です。既知の考えやパターンと、内側のインプリシット(暗示的)な側面が相互作用するとき、新たな何かが生まれます。真のクリエイティブな思想、芸術、科学的発見は、分野の違いを超えて、きわめて孤独な作業からしか生まれないのは、必然です。

そしてこの深い孤独においてこそ、少数のごく親密な他者と深いつながりが回復されます。というより、深い孤独を知った人は、表面的なつながりを避けるようになり、少数の人との間でのごく親密で深い交流でしか満たされなくなるのです。それはまたそのような、ごく親密な深いつながりの中でしか、自己を真に深めていく、という内的な自己探索の作業を深めていくことは困難だからでもあります。

(『孤独の達人 自己を深める心理学』 諸富祥彦 著 PHP新書 19‐20頁)

 

またスコット・バリー・カウフマン&キャロリン・グレゴワールの『FUTURE INTELLIGENCE』(野中香方子 訳)という一冊のなかでは、

 

科学は、孤独な内省の時間がクリエイティブ思考の糧になることを裏づけた。
孤独に耐えられる能力は、成功したクリエイターに共通して見られる特徴だ。彼らは煩わしい日常の雑事や付き合いに背を向けて、自分自身とつながることができる。だが、孤独とは、単に気が散るものを避けて暮らすというだけではない。それは心の中で内省し、新しいつながりを築き、意味を見出すためのスペースをつくることなのだ。

孤独とクリエイティビティは長く豊かな歴史を共有している。古代から孤独な暮らしは、創造力、知性、精神的な可能性を解き放つカギと見なされてきた。古代ギリシアの哲学者は、孤独を精神の探究、ひいては健全な生活に欠かせないものとして称えていた。

 

と述べられています。

 

クリエイティブな才能がないと思っても、普段当たり前にやっていることを少し工夫してみる。

さらに以前の記事で述べましたが、脳科学者の茂木健一郎氏がクリエイティブな仕事で結果を出すためには孤独になることが必要であると述べていることにも注目です。

茂木健一郎氏は、「安全基地」と「自己肯定感」に関しては、『孤独になると結果が出せる』のなかで、

 

  • 「孤独だからこそ強いこだわりを必要としている」
  • 「脳科学的に見れば、こだわりとは「安全基地」を強化する最強アイテム」
  • 「自己肯定感を高めるには、自分と向き合うことが大切」

 

と述べています。

 

ちなみに「創造」に関しては、音楽を自分で作曲したり絵画で優れたアートを生み出したり、イノベーションによってビジネスの分野で成功したりしなければならないといったように、最初から難しく考える必要はありません。

たとえ「わたしにはクリエイティブな才能がない」と思ったとしても、たとえば普段から料理をするのが好きであれば、これまでに誰も思いつかなかった新しい料理のレシピを考えてみる、文章を書くのが好きならば小説や詩、エッセイを書いてみるなど、まずは日常生活で当たり前にやっていることを少し工夫してみれば良いのです。

 

そうすれば、「スマホ脳」や、「もっと欲しい!」というドーパミン目的とは別の充実感や達成感が得られます。

そしてもし孤独でいる時にクリエイティブな作業によって、揺らぐことのない自分自身の世界観を作り上げることが出来たならば、その自分だけの世界観が自身にとっての「安全基地」や「自己肯定感」になり得るのです。

 

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます(^^♪

 

マインドフルネス生活シリーズ第9弾

『孤独×マインドフルネスで「ひとり時間」を味わう生き方 孤独なのに、つながっている。』

Amazon Kindleで販売中です😊

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

関連記事

  1. ひとりであっても「読書」によって誰かとつながる。

    言葉

    ひとりであっても「読書」によって誰かとつながる。【孤独なのに、つながっている】

    新年度の始まり、SNSでつながっているのに、どういうわけかいつ…

  2. 本当の孤独に出会うと新しいネットワークを発見できる理由とは?

    孤独論

    本当の孤独に出会うと新しいネットワークを発見できる理由とは?

    新年度がスタートしたとはいえ、毎日が孤独でつらいとお悩みではあ…

  3. 孤独感につきまとわれることの問題点とは? 『孤独の科学』

    孤独論

    孤独感につきまとわれることの問題点とは? 『孤独の科学』

    日頃から孤独感につきまとわれ、ひとりでいるときにストレスで自分…

  4. 河原×ウォーキング・マインドフルネスで、孤独なのにつながっている生き方を実践。

    孤独論

    河原×ウォーキング・マインドフルネスで、孤独なのにつながっている生き方を実践。

    川辺を歩きながらのマインドフルネスで、孤独なのにつながっている…

  5. クリエイティブな仕事は『孤独になると結果が出せる』

    創造

    クリエイティブな仕事は『孤独になると結果が出せる』理由とは?

    クリエイティブな仕事で結果を出すために、積極的に孤独を選んでみ…

  6. 「ひとり」「ソロ」で生きていくために必要なこととは?

    生き方

    「ひとり」「ソロ」で生きていくために必要なこととは? 『「孤独」のちから』2

    孤独でつらい時こそ、心の支えになってくれる、いつも見守ってくれ…

特集記事

  1. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す
  2. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある
  3. 【マインドフルネス瞑想】始めるためのやり方・方法・注意点とは?
  4. ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ
  5. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?

オススメ記事

  1. プチゆる断食・腸活には酵素ドリンクがオススメなわけ。
  2. 河原×ウォーキング・マインドフルネスで、孤独なのにつながって…
  3. 「ありがたい」という言葉をこまめに唱えてみることで感謝する練…
  4. 『生命記憶を探る旅 三木成夫を読み解く』から進化を考える。
  5. 1分間のマインドフルネス瞑想習慣がうつを遠ざける。

カテゴリー

『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方』Kindle で販売中です😊

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2024 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

 

amazonアソシエイトプログラムに参加しています。当ブログの記事には、訪問者様が製品またはサービスをamazonから購入した場合に、管理人が手数料を受け取ることがあるリンクが含まれています。

  1. 私たちと共生している腸内細菌の役割とは?

    腸内フローラ

    知っておきたい、私たちと共生している腸内細菌の役割【腸を元気にする生き方】
  2. お金をかけずに健康長寿

    電子書籍

    『お金をかけずに健康長寿 アンチエイジングの鍵は「ストレス」が握っている。』
  3. 『ブッダの教えとマインドフルネスで有意義な生き方 誰もがブッダを目指すための仏教入門』

    ブッダ/仏教

    『ブッダの教えとマインドフルネスで有意義な生き方 誰もがブッダを目指すための仏教…
  4. <呼吸>によるマインドフルネス瞑想が、心身のバランスを整える。

    呼吸

    <呼吸>によるマインドフルネス瞑想が、心身のバランスを整える。
  5. 腸内環境を整えるとは、手段というより日々の習慣の「結果」。【腸を元気にする生き方】

    生活習慣

    腸内環境を整えるとは、手段というより日々の習慣の「結果」。【腸が元気になる生き方…
PAGE TOP