食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

うつ

<食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは?

うつをやわらげていくためには、食事・運動・瞑想が大切である理由

現代社会においては、毎日の生活のなかで、「うつ」の症状を一度は経験したことがある、という方は、たくさんいらっしゃると思いますが、そのうつを改善していくには、日頃の食事に気をつけると共に、運動と瞑想を生活習慣に採り入れてみることが必要であるように思われます。

そういうわけ今回は少しでもうつをやわらげていくためには、食事・運動・瞑想が大切である理由について述べていきたいと思います。

 

うつを少しでも良くしていくための三つの生活習慣

 

食事

食事によって「うつ」を少しでも良くしていくためには、難しく考えすぎず、栄養バランスが整った「マゴワヤサシイ」食事などを摂るのが一番だと考えられます。

そのため日頃の食事においては、まず、お菓子やカップ麺などの加工食品やファストフードをできるだけ避けることが重要です。

また、肉や魚、卵に加えて、野菜や果物、海藻類なども多く食べるようにし、食生活のバランスを整えることで、糖質、脂質、ビタミンB群ビタミンC、ミネラル、アミノ酸などの栄養素も不足しないようにすることが大切なってくるように思われます。

 

また、うつの症状というと、どうしても「脳」の領域が重要視されますが、実は腸内環境と深く関係していることも近年の研究では分かってきているため、日頃から乳酸菌・食物繊維・オリゴ糖など、腸内環境を良くする栄養成分が含まれた食品や、納豆・漬物といった発酵食などを摂るようにすることも必要になってきます。

ゆるやかな糖質制限を実践することもオススメ

さらに、糖による血糖値の乱高下を避けるために、砂糖の摂り過ぎは厳禁だとされていますが、ブドウ糖は脳と体のエネルギー源でもあるため、必要量はしっかりと補給しつつ、なるべく血糖値を上げやすい人工甘味料や精製デンプンを減らすといった、ゆるやかな糖質制限を実践することもオススメです。

そして、そのような、うつ対策としての食生活に、アカシアはちみつなどの蜂蜜は役立ってくれます。

 

うつの時は食事そのものを楽しむことも大切。

うつの時は食事そのものを楽しむことも大切。

しかし、「うつ」を予防するという点においては、動脈硬化やメタボになるリスクを恐れるあまり、必要以上に血糖値や悪玉コレステロールの値を気にして厳格な食事制限をしてしまうよりは、時々美味しいものや好きなものをよく味わい、日頃の食生活や人生そのものを楽しんだほうが良いのではないでしょうか?

もちろん、先程も述べたように、食べ物の栄養効果がほとんど期待できない、いわゆる「ジャンクフード」を食べることをなるべく減らしていくことは大事ですが、「うつ」を予防するためには、あえて食事や健康のことを気にしすぎない、ということも時には必要なのです。

 

運動

運動

適度な運動を行うことは心と身体や、自律神経のバランスを整えるために必要不可欠です。

もし運動をほとんど行わないで毎日を過ごしていると、脳の同じ部位だけを使うようになり、心身のバランスは崩れていってしまいます。

しかしジョギングなどの運動を無理しない程度に行うことは、脳の様々な部位を刺激し、神経細胞を増やしたり、認知機能を改善したりすることにつながっていきます。

 

ですが、運動が大切であるとはいっても、うつの状態にあるときは、エネルギー不足も関係しているため、運動をしようという気がなかなか起きないものです。

 

身体に起きている変化を観察しながらマイペースで行う。

身体に起きている変化を観察しながらマイペースで行う。

そのため、うつの時は、ウォーキングやスロージョギングなどの有酸素運動を1日に10~20分程度マイペースで行うだけで十分ですし、からだを動かすのがどうしても億劫な場合は、ヨガや気功、スワイショウなど、家の中でもできる、ゆっくりとした運動を行うのも効果的です。

ただしその際、ハードな運動をする代わりに、からだをゆっくりと動かしながら、いま自分の身体に起きている変化を観察するようにしてみてください。

 

さらに、毎日たった1回の腕立て伏せやスクワットを目標にした筋トレを、小さな習慣として始めてみるのもオススメです。

 

運動がすぐれているのは、一度に両方向からうつを攻められる点だ。当然ながら運動すると体を動かすので、脳幹が刺激され、エネルギーと情熱と関心とやる気が湧き上がってくる。元気になったように感じられるのだ。

(ジョン J.レイティ『脳を鍛えるには運動しかない』 野中香方子 訳 p171)

 

 

瞑想

瞑想

瞑想によって、過去や未来ではなく、現在を意識するようにトレーニングすることは、うつを少しでも良くしていくために大切であると考えられます。

具体的には、ストレスを感じてイライラしたり、過去の嫌な出来事を思い出し、気持ちが沈みこんだり、これからのことを想像して不安になったりしたら、思考が過去や未来へ向かっているのを一旦ストップして、意識を現在に戻してあげることです。

このことはすなわち、主に過去の経験からやってくる頭のなかの様々な雑念に囚われすぎないように、心の状態をニュートラルにするということです。

 

まずは呼吸によるマインドフルネス瞑想を毎日の習慣に。

まずは呼吸によるマインドフルネス瞑想を毎日の習慣に。

日常生活のなかでは、何かの思いがけない出来事によって、私たちの頭のなかが一つの考え方に支配されてしまうのは当然ですが、その時は私たちの意識は現在の瞬間から遠ざかってしまっています。

ところが、マインドフルネス瞑想をはじめとした瞑想のトレーニングを最初は10秒でも1分間でもよいので、毎日行うと、少しずつ、過去に引きずられる時間が短くなり、代わりに現在の瞬間に意識が向くようになります。

 

そのため、ストレス対策も兼ねて、まずは呼吸によるマインドフルネス瞑想や、ゆっくり歩く瞑想を、日々の生活習慣としてとりいれてみるのはかなりオススメです。

 

以上、ここまで食事・運動・瞑想はうつを良くしていくために大切であるということについて述べてきました。

食事・運動・瞑想によってうつの問題が全て解消されるわけではないかもしれませんが、うつを予防したり、うつの症状を少しでもやわらげていったりするために、この記事の内容が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

当ブログ管理人が書いた『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方 自分を大切にするためのセルフケア習慣』、Amazon Kindleで販売中です(^^♪

食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方

 

 

 

「うつ」を良くしていくためには、「食事」「運動」「瞑想」が大切です。

食事・運動・瞑想

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 低GIのアカシアはちみつでゆるやかな糖質制限。
  2. 手のゆくえー『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』3
  3. 1分間のマインドフルネス瞑想がうつを遠ざける。
  4. 『見えない巨人―微生物』から発酵・病気・環境を考える。
  5. 純粋・生の国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然でオススメ。

関連記事

  1. 『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』 

    電子書籍

    『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』Kindle出版のお知らせです。

    コロナ禍での生活やマスク社会が何となく息苦しいと感じたり、気分…

  2. 言葉のチカラが「うつ」な気分を良くするワケとは?

    言葉

    コトバのチカラが「うつ」な気分を良くするワケとは?【ネガティブ言葉をポジティブに】

    「つらい」「いやだ」「最低最悪」「出来ない」「もうダメだ」とい…

  3. 21世紀の健康は<バランス>が大切なわけ

    生活習慣

    21世紀・令和の健康実現は<バランス>が大切。

    今回は21世紀・令和の時代の健康実現には、<バランス>もしくは…

  4. スワイショウ×マインドフルネスがうつと運動不足を遠ざける

    エクササイズ

    スワイショウ×マインドフルネスがうつと運動不足を遠ざける。

    スワイショウ×マインドフルネスを心身の健康維持や運動不足解消の…

  5. 自然にふれること、感じることがうつをやわらげる

    マインドフルネス

    自然にふれること、感じることが「うつ」をやわらげる

    うつな気分を良くするために、自然を感じる時間を増やしてみません…

  6. 瞑想で今の瞬間に注意を集中する―『マインドフルネスストレス低減法』

    マインドフルネス

    瞑想でいまの瞬間に注意を集中。―『マインドフルネスストレス低減法』

    いつになっても毎日あたまの中が「やっかいごと」だらけで、精神的…

特集記事

  1. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。
  2. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
  3. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと
  4. マインドフルネス瞑想のやり方・方法・注意点とは?
  5. 『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門』

オススメ記事

  1. 「0円」習慣で治していくアトピー。【マインドフルネス・自然散…
  2. 腸内細菌学のパイオニアが提唱する<バイオジェニックス>とは?…
  3. 人気の乳酸菌が16種類・500億個の<乳酸菌革命>とは?
  4. 手のゆくえー『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』3…
  5. 糖質制限はゆるやかに行うのがオススメ。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 蜂蜜の栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出す

    ミトコンドリア

    🍯ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ。
  2. 『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』 

    電子書籍

    『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』Kindle出版の…
  3. 『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門』

    ブッダ/仏教

    『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門…
  4. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。

    電子書籍

    『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。
  5. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。

    ミトコンドリア

    『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。…
PAGE TOP